【九州ダービー栄城賞2021予想】笠松デビュー馬が勝てば嬉しいよね

スポンサーリンク

お疲れさまです!

皆さん、日本ダービーの結果はどうだったでしょうか?

まさかあの馬が勝つとは思わなかったですよねぇ。いやぁビックリしました。ダイユウサクとは・・・。

ということで、日本ダービーで勝った人も負けた人も、本日はもうひとつダービーが残っています。それが、九州ダービー栄城賞。

こちらも皐月賞馬が圧倒的1番人気ですが・・・。

週の半ばにツイートで予想しましたが、もう一度まとめておきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

九州ダービー栄城賞2021予想

◎①ガーディアン
〇⑥トゥルスウィー
▲⑦トラースキック
△⑩テイエムサツマオー

◎は①ガーディアン

笠松→園田→佐賀と渡り歩き、〔5-3-0-1〕。兵庫ではJRA交流2着もありますから、実力は十分。佐賀緒戦の前走も道中はかなりモタつきましたが、エンジンがかかるとアッサリと抜け出してきました。

いかにもベルシャザール産駒らしい息の長い末脚があり、母父もバゴなら距離延長はドンと来い。乗り替わりとなりますが、石川慎騎手も追っていい騎手ですからね。マイナスとはなりません。

対抗は力通りで⑥トゥルスウィー。父ヴァンセンヌがフラワーパークですから血統的にはマイル前後がベスト。母父ブラックホークも1200~1600mのGI勝ち馬ですから、やはり2000mがポイントになるのかなと思います。そのぶんで対抗評価。

3番手が⑦トラースキック。バチコーン!決まると脳震盪を引き起こす馬名ですが、父ジャングルポケットの中長距離血統。距離が延びてのプラスが見込めるタイプですし、鞍上も勝負師の真島騎手。

△は⑩テイエムサツマオー。テイエムオペラオー産駒でどうしても肩入れしたくなりますが、前走は4角手前でギブアップ。内外から交わされるという物足りな競馬でした。しかし逃げ馬と言うのはこんなもの。だからこそ惨敗後に狙いたくなりますよね。後入れの大外枠もいいだろうし、やはりまだ見限れないところ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする