【羽田盃2021予想】今夜もKOKUBOだー!

おつかれさまです!とこ穴です!

昨夜の東京プリンセス賞に続き、今夜は牡馬クラシック第1冠目となる羽田盃。

京浜盃で1番人気アランバローズ、2番人気ランリョウオーがともに崩れたことで、一気に混戦模様に。何が来ても・・・という感もありますね。

◎は⑤ランリョウオー

単勝ズドンの私にとっては、アランバローズ出遅れで的中するまでの至福の1分47秒となるはずでしたが、意外なほど伸びあぐねました。

正直敗因が掴めないんですが、陣営は「課題点は見つかった」と言うのですから、素直に受け入れるしかありません。天下の小久保厩舎ですしね。

そして今回からダービーまでのセットで、的場文騎手。パイロ産駒はタービランス(2016年1着)、ミューチャリー(2019年1着)、ハセノパイロ(2018年3着)など羽田盃、そして南関東クラシック戦線で暴れまくりまくるので、今年こそは悲願成就も・・・という期待感もあります。叩いて叩いてぶっ叩いて欲しいですね。

相手は⑪チサット

一気の3連勝で京浜盃制覇。母が名牝ネフェルメモリー。2000mでは崩れましたが、1800mの東京プリンセス賞は勝ちましたから、こちらも1800mまでなら問題ないでしょう。笹川騎手が乗れないのは痛いですが、和田騎手も絶好調。

単穴が⑩トランセンデンス

小久保ワンツーも十分ありそうな雰囲気。距離が延びるのは間違いなくいいですし、森騎手も昨夜のプリンセス賞制覇で気分もいいはずw

あとはミッドウェイ調整馬の①ブライトフラッグ。逃げたいこの馬には絶好枠。もう1頭の⑦トゥースパークルは実績こそ下ですが、母プロミストスパークの良血。大舞台向きとも言えます。

④アランバローズは全日本勝ちですから、実績はずば抜けて1番。しかし前走の出遅れが解せないですし、やっぱりマイルがベストかなとも。

⑧イグナイターは前走が狙い目で、距離が延びる今回は?という気がしますし、⑫マカベウス、⑬セイカメテオポリスは少しだけ能力差が見え隠れしちゃってる感。それなら追ってしぶとく真島騎手向きの馬とも言える⑭タブラオに食指ですね。

⑤の単勝。あとは馬連・3連⑤-①⑦⑩⑪⑭番。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

大井2R以降の注目馬

2Rは⑨レジェンドジアース。前走は積極的な競馬で変わり身。ダノンレジェンド産駒なら距離短縮はむしろ好材料ですから、あと一押しに期待します。

3Rは②キーストンマッハ。前走は外枠のぶんロスの多い競馬に。今回は絶好枠。

4Rは⑪プラチナダンディー。おそらく開催前半ほどの前残り馬場ではないはず。昨日の後半もそうだったし、1Rもサバが飛び込んできた。スタートが遅く外枠も歓迎で一発の魅力。

5Rは⑨ルピナスガーデン。前走は発馬後手がすべて。ポンと行ければ変わり身。⑧ロードウィリアムも今日みたいな馬場はいいかも。

6Rは⑧フジマサクイーン。前走は馬場を気にして惨敗。今日は雨が降っていても馬場は良。これなら本来の力、本来の先行力が引き出せるはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする