【東京プリンセス賞2021予想】逆転?でも連対圏までは・・・。

スポンサーリンク

南関東牝馬クラシック2冠目となる、東京プリンセス賞。

桜花賞から1F距離が延びて1800mとなりますが、過去の傾向からも桜花賞組が優位。今年もおそらくその形でしょう。

桜花賞を独走逃走Vの⑩ケラススヴィア。サウスヴィグラス産駒で行く行くは短距離路線だと思いますが、現時点での完成度の違いで1F延長も何ら問題とならないでしょう。今の大井は前が残る馬場でもあり、この馬のスピードがさらに生きる気がします。

相手は絞って、①レディブラウン

さすがに逆転までは厳しいとも思いますが、距離延長で桜花賞での着差は詰められるとみます。父がブライアンズタイム系フリオーソ。いわゆる叩き上げタイプであり、使って使って成績を上げてくる血統。逃げるケラススヴィアを見る形でのイン好位追走という、今の大井にピッタリの戦術が取れる並びでもあります。馬連・ワイド①-⑩番が本線。

あとは3連の相手で、内枠勢②ティーズアレディー、③サブルドール、④アイカプチーノ。レディブラウンと同じフリオーソ産駒の⑤グロリオーソ、あとは⑧ディアリッキーとミッドウェイ調整馬の⑨カイカセンゲン。3連①⑩-②③④⑤⑧⑨番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
秋華賞トライアルに向けて
秘蔵データ一部と穴あけまくり以下情報を推奨
─────────────────────────
まず今週末のローズSのデータをご紹介
過去10年好走馬30頭中NF生産馬が(6-5-5-27)で先週の紫苑S同様に半数以上を独占。 連対馬はすべてキャリア5~7戦馬で(6-5-3-13)、3番人気内馬は(5-3-3-1)と軸向き 抽選組もいますが出走登録ある中では・・・
アンドヴァラナウコーディアル
スパークルハッピーオーサム
人気は当日確認でおいておいて、キャリア5~7戦のNF生産馬はこの4頭。今週もここから好走馬が出るかも?

そしてローズステークス人気
・20年:3-14-11人気・19年:1-6-2人気
・18年:5-2-13人気・17年:8-6-3人気
去年ムジカ14人気はさすがにムジカ。。。と叫んだ記憶あり。。。
今週末3日開催もすんなりいきそうにないかもです!
そしてそんな穴をあけまくりな!
検証済0円予想がコチラなんです!

↑に書いた4頭とここの買い目は要チェックです!
─────────────────────────
先週無料公開  セントウルステークス
3連複10点500円→8950円179%
先々週無料公開 新潟記念
3連複10点500円→141900円2338%
キーンランドカップも無料公開で6535%
マイネルファンロン12人気、
セイウンコウセイ10人気 しっかり抑えて的中!
─────────────────────────

─────────────────────────
6月5日鳴尾記念から検証してて、現在収支+234万 !
荒れる夏を涼しい感じで的中してます。ここを絶対見てから馬券です!
ローズS2021予想はコチラ
↑の4頭とここの前夜出る買い目で攻略してみてください。上の4頭も買い目にいれてたら買いですね。ベタ乗り、推奨通りでこの収支なので有馬記念までここは必須かもです!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク