【ニュージーランドT・阪神牝馬S2021予想】

Wokandapix / Pixabay

ニュージーランドTは、中山芝1600m。枠の有利不利も大きいですし、なにより『適性』が求められる舞台といえます。

本命は⑮タイムトゥヘヴン

母キストゥヘヴンは桜花賞馬ですが、重賞4勝中3勝が中山コース。一瞬の切れを生かせるこの舞台が得意でした。

ひとつ上の姉ガロシェ(9Rの野島崎特別に出走)は、中山芝〔1-3-3-2〕。孫のヒュミドールもステイヤーズS5着、日経賞4着と走っていますし、タイムトゥヘヴンも中山で初勝利を挙げ、京成杯2着。中山適性はしっかりと受け継がれています。

弥生賞ディープインパクト記念は、少し行きたがったこともありましたが、相手レベルが上がると2000mではキツイなぁといった印象。

父ロードカナロアなら当然距離短縮が追い風となりますし、今回はシャドーロールも着用。これで上への意識が下に向くようなら、一変があっていいでしょう。何より未勝利1着、京成杯2着はチークピーシズを着用時。馬具が効きやすい性格とも言えます。

鞍上は、先週のダービー卿CTを快勝したデムーロ騎手。そりゃ、ネオユニヴァースやヴィクトワールピサに騎乗していた頃と比較すれば、勢いと言う点では物足りませんが、それでも2012年から毎年GIを勝っているわけですが、やっぱりスゴイ。今週もおなしゃすです。

阪神牝馬Sは、①ドナウデルタの一変に期待。

こちらもロードカナロア産駒の距離短縮。今日の阪神芝は、ほぼほぼインが残っていますから、最内枠はプラス。ロスなく立ち回って最後の直線ひょっこりはんを期待します。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク