【日経賞2021予想】ヒュミドールは中山芝大歓迎の出身なんです!

スポンサーリンク

おはようございます!

トウケイニセイvsモリユウプリンスの動画を見ていたら、軽く5時間ぐらい過ぎていました。

いつの時代もライバル物語っていいですよね。最近の競馬で薄れてしまったのは、こういう部分かなぁと思ったりします。

さて今週は重賞4本立て。

土曜日は中山で日経賞、そして阪神で毎日杯。どちらも春のGIへと繋がる一戦ですから、もちろん大注目。

そして日曜日はGI高松宮記念とマーチS。マーチSもダートの怪物が出てきますから、楽しみ。

気合で全部予想しようかと思ったんですが、たぶん無理だと思うので、やる気のあるうちに日経賞の予想だけはしておきますね。

では早速いきます。パパっとね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経賞2021予想

◎①ヒュミドール
〇⑦カレンブーケドール
▲⑥ウインキートス
△④ウインマリリン
△⑧オセアグレイト
△⑬ラストドラフト

本命は①ヒュミドール

この馬は絶対に中山が合うはず。だって祖母が中山で重賞3勝を挙げたキストゥヘヴンだもん。世間一般的には桜花賞馬ですが、個人的には中山巧者。とにかくこのコースで見せる一瞬のキレは素晴らしいものがありました。

母アヴェクトワは現役時0勝。チチカステナンゴはスピード不足で日本競馬には合いませんでしたが、そんなチカステ産駒が唯一輝ける場所が、時計の掛かる中山芝。

数少ない活躍馬の中で重賞連対の偉業?を成し遂げたのが、京成杯2着のキングズオブザサンで、アヴェクトワの弟タイムトゥヘヴンは中山芝2000mで未勝利をブッチギリ、今年の京成杯2着。やはりこの血統は中山でこそ爆発するのです。

先週の日曜日はインがまったく使えない馬場でしたから、この枠は・・・ですが、2500mあればいくらでも対処できるはず。いや、して欲しい。いや、してください。

対抗はカレンブーケドール。

これはもう説明もクソもないですね。昨秋のジャパンカップでは3冠馬3頭に次ぐ4着。普通に走れば1番強いことはわかっていますし、鞍上に今年モレイラ級の活躍を見せる松山騎手。久々も走ります。

単穴が⑥ウインキートス

3勝クラスを勝ち上がっての重賞挑戦。さすがに壁が高いんですが、中山芝〔2-4-1-1〕の適性。荒れ馬場に強いゴールドシップ産駒ですし、距離適性、意外性も秘めています。

あとは人気通りに押さえればOKかな。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
無料で見れた予想唯一的中!!
函館2歳S・回収率295%
土曜は特にいい感じですね。
━━━━━━━━━━━━━━
【7月17日・無料予想】
■函館1R 2歳未勝利
馬単8→6◎的中
配当:8,800円(1点1,000円)
■函館11R 函館2歳S
馬単11→6◎的中
配当:35,400円(1点1,000円)
※券種間違いはご愛敬
合計額:44,200円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
函館2歳Sはグランデも入れてました~!
4頭立てで10人気選んでるのは驚異ですね!
今週末は越後ステークス注目&無料公開
→越後ステークス無料予想
前日夜買い目公開なのでお見逃しなく♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする