【大井競馬・金盃2021予想】ステイヤーの血が騒ぐのです!

おはようございます。とこ穴です!

さっそく予想へ・・・というか、眠たいのでささっといきますw

◎⑨シュプレノン
○⑪サウンドトゥルー
▲⑤トーセンブル
△⑦ストライクイーグル
△⑩フレアリングダイヤ
△②ハルディネロ
△⑭テルペリオン

本命は⑨シュプレノン。ここまで1度も掲示板を外したことがない堅実派。一気の距離延長となった前走の金杯TRも鮮やかな勝ちっぷりでした。

母パノラマビューティは、JRA芝1200~1600mで3勝を挙げたのち、南関東へ移籍。東京シンデレラマイルを勝ち、交流重賞のクイーン賞、エンプレス杯3着と活躍しました。息の長い末脚が持ち味で、このあたりは産駒にもキッチリと受け継がれている気がします。

そして何より注目は血統面。現役時代は2000m以下での好走が多かったのですが、父がダンスインザダークで、母父がリアルシャダイという、バリバリのステイヤー血統なんですね。

そこにキンカメをぶち込んで産まれたのが、シュプレノン。息の長い末脚と長距離適性が上手くブレンドされた感じがします。

小杉騎手が負傷で笠野騎手へと乗り変わりとなりましたが、2走前は笠野騎手が手綱を取って7番人気3着。急遽の自体とはいえ、問題はなさそうですし、笠野騎手にとっては重賞制覇の大チャンスとも言えます。

対抗は力通りで⑪サウンドトゥルー。そして単穴が金杯TR2着のトーセンブル。母父がダンスインザダークの弟になるトーセンダンス。少ない産駒の中から、菊花賞3着ユウキソルジャーを送りました。言わずもがな、こちらもバリバリのステイヤー血統。逆転云々はわかりませんが、今回も馬券内には来れると思います。

△⑦ストライクイーグルは、キンシャサノキセキ産駒ですがステイヤー。ベストの大井コースで見直しが必要に。

⑩フレアリングダイヤは昨年の2着馬で、こちらも距離延長で一変があっても。

②ハルディネロは半兄が2016年の勝ち馬ジャルディーノですから、この距離で新味期待。

大穴なら⑭テルペリオン。JRA在籍時は交流重賞3、4、5着の実績。移籍後は結果が出ませんが、前走は前に行く競馬ができました。叩き上げフリオーソ産駒で、母父がダンスインザダーク。この距離でもしかして?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク