【梅見月杯2021予想】同一重賞3勝目を狙うポルタディソーニ

スポンサーリンク

おはようございます!とこ穴です!

今日は名古屋競馬場で、「梅見月杯」が行われます。地元の大将格カツゲキキトキトの取消は残念ですが、大井からアングライフェン、スギノグローアップ、ノーブルサターン、ナイトオブナイツ。そして園田からタガノディグオと、なかなかのメンツが揃いました。

遠征馬の上位独占もありそうですが、ここは地元馬◎で⑩ポルタディソーニ

7歳牝馬ということもあり、少し衰えが見えてきたかなとも思いましたが、チーク着用の前走で鮮やかな復活劇。最後は気合つけた程度のステッキ2発だけで後続に4馬身差。まだ余力がありましたし、コーナーを6回クルクルと回る1900mの方が息も入れやすいはず。

カツゲキキトキト取消で、先行枠がひとつ空いてより楽な逃げが打てそうですし、行き脚がつけやすい外枠も好材料。2018/2020年の当レース勝ち馬で、同一重賞3勝目の偉業に挑みます。

対抗は⑨アングライフェン。名古屋GP、名古屋大賞典②着の実績断然。遠征は慣れたものですし、鞍上に岡部誠騎手。力通りならやっぱりこの馬ということになります。

単穴が⑫ノーブルサターン。東海菊花賞では外押し上げての③着。大雑把なレースしかできないですから、大外枠はいいはず。舞台2度目で。

△は園田から遠征の②タガノディグオ。この枠なら前々を攻めて行く可能性もありますからね。あとは大混戦の3着争いで、③トリマゴラッキ、④ドリームスイーブルなど差す脚がある馬が怖いかなと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なおじぃ より:

    ありがとうございます
    参考にさせて頂きます( ¨̮ )

スポンサーリンク
スポンサーリンク