【愛知杯2021予想】1枠が絶好枠とみます

スポンサーリンク

おはようございます。

今週はたくさんの方にフォロー頂き、4000の背中がもうすぐそこまで来ました。ありがとうございます。

さて注目度の高い中央競馬でもイイところを見せることができるかどうか。今日のメインは中京競馬場で行われる愛知杯。牝馬限定ハンデ重賞ですから、波乱前提で。

まず本命の前に、この愛知杯で使える絶大なデータから。

数字はどこかのサイトに書いてあると思うので割愛しますが、実はディープインパクト産駒が0勝なんですよね。

もちろんそんなもんはタイミングの問題ですから、いつかは勝つと思いますが、こういうのは来るまで買わないのが鉄則。

ここも⑤センテリュオ、⑦サトノガーネット、⑩サトノダムゼル、⑫レッドアステル、⑭ランブリングアレー、⑱マジックキャッスルと大挙出走&大半が人気馬ですから、蹴っ飛ばし甲斐があるというものです。

本命は①ドナウデルタ

京都金杯を皮切りに、今年すでに5勝を挙げるロードカナロア産駒ですが、その内訳は中京芝4勝、中山芝1勝の5勝。とにかく中京で強く、中山1勝もヴェイルネビュラのジュニアCですから、上級レースに強い(勝負強い)ということ。

2走前のポートアイランドSで退けた2着馬が、金杯2着のピースワンパラディですから、この馬も中京コースが得意。課題となるのは距離だと思いますが、ターコイズSでも結構ズブさを見せていたほど。牝馬同士なら2000mは何とか持ちこたえられそうな気がします。ロスなく運べる内枠ですしね。

そしてタイトルのあるように、ここは1枠が馬券的妙味十分。

ウインマイティーはオークス3着馬。秋3戦はチグハグな競馬続きでリズムが悪かっただけ。デイジー賞、忘れな草賞の鮮やかなイン突きが未だに忘れられませんから、内枠に入ればいつか来ると踏んでいる馬。ここで来ました。

そして今回はブリンカーを着用。ステイゴールド系はブリンカー、チークなど馬具変更が有効的ですから、これは素直に歓迎材料。ここはナルハヤを筆頭にタガノアスワドなど徹底先行型が揃いましたから、馬群凝縮で抜け出せないなんてことはないはずです。

あとは⑬アブレイズも要注意。GI帰りのキズナ産駒は買いの一手。ですが、不安点は左回りということ。これは後輩の受け売りですが、キズナ産駒は左回りになると極端にパフォーマンスを落とすんですよね。問題はそこだけ。

馬券は①②の単複。人気もないでしょうしね。あとは1枠からの枠連流し。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
友人から聞いたのですが・・・
ソダシにまつわる「4」の逸話

これまでソダシが出走したレースを振り返ると
「4枠」「4番」「14番」
「前走4番人気」「前走4着」
などなど 「4」のつくものが毎回必ず1頭か2頭好走。
オークスを16番人気で3着に激走したハギノピリナも4枠の馬でした。

こういう事言われると気になっちゃう(笑)
そんなオークスで優駿牝馬で3連単532,180円
16番人気を唯一読んでた予想がコチラ↓



もしかして「4」の話をしっていたのかしら?!
直近でもすごいな~と感じたのは
3連単的中戦績
スプリンターズステークス
ローズステークス
キーンランドカップ
エルムステークス
オークス・ローズステークと 参考レースもバッチリ、かつ「4」の事も知ってるのかも(笑) オカルトはおいておいてもここの無料予想なかなかやります!!
↑のリンクからメール登録し前日夜「逆境セレクト」で馬番確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク