【新春ペガサスカップ2021予想】混戦を断つ名血ロジータミニスター

スポンサーリンク

明けましておめでとうございます!

昨日は多くの皆様に支えて頂いた1年だったと思います。今年は少しでも恩返し(いい予想)ができればと思っています。よろしくお願いします。

川崎競馬が再び無観客競馬へと戻り、その他にもあまり耳障りのよくないお話も耳に入ってきています。職業柄、さすがに現時点で発表はできませんが、まぁそんな裏話やリーク関係のお話はワケワカラン連中、競馬垢が勝手にやってりゃいいですかね(数万フォロワー抱えて知ったかぶりかましてる人いるけど、かなり情報が遅くて正直笑っちゃうw)。

さて名古屋では、今年1発目の重賞「新春ペガサスカップ」が行われます。

あまり詳しくはない競馬場ですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。頑張ります。

1番人気は⑦ブンブンマル。名古屋生え抜きのナムラタイタン産駒で、驚異の勝率・連対率を誇る川西厩舎所属馬。前走の勝ちっぷりも強烈でした。納得の1番人気ですかね。

そしてこのブンブンマルに、ゴールドウィング賞で土をつけているのが、⑫ダイセンハッピー。しかし当時は距離ロスがない最内枠。今回は一転、大外枠ですから鵜呑みにできない状況ではあります。

②ベニスビーチは、フーククリスタルを下しての参戦。笠松の水が合ったという印象ですが、今回は初コースが鍵。枠はいいところですが、名古屋所属馬>笠松所属馬の構図もあります。個人的にはピンパーかなとも。

そしてここは展開が微妙。結構前が流れそうな感じもしますので、差し馬に狙いをつけて、本命は⑧ロジータミニスター。

名前から分かる通り、3代母が名牝ロジータ。そしてダートの怪物クロフネを経由し、シニスターミニスターですから、ダート競馬に特化した血統。

ここまで1勝と勝ち切れていませんが、終いの爆発力はここに入ってもまったくヒケは取りません。前走は完全に脚を余しましたが、ぎっしり追える今井騎手とは手が合いますね。距離延長+前が流れる流れなら、まとめて面倒を見るシーンがあっても・・・。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサーリンク
やってきました!!ジャパンカップ!!

アーモンドアイとコントレイル、デアリングタクトの名勝負から早1年、今年もやってきましたジャパンカップ!!今年は4頭のダービー馬に、3頭の外国馬も参戦と華やかな対決。しかし馬券となるとどの馬にも3着はありそうで、どの穴馬を狙えばいいのか?予想が難しそうです。
それなら穴馬の取捨が得意な馬券師にお任せしてみませんか?
ココの馬券師はこの秋、みやこS/重賞専用情報で3連単16点予想、1点300円が110万!!



その前菊花賞ではレッドジェネシスもステラヴェローチェも軸には入れずタイトルホルダーからの3連単10点で大的中!京都大賞典では9番人気マカヒキを軸にした3連複では2番人気ヒートオンビートバッサリ切って18.940円が的中!!
1点300円の買い目がわずか2分で110万でした。

【朗報】こんな驚異の買い方する馬券師軍団から
毎週重賞3連複を無料プレゼント!!!
ここから無料登録するだけでプレゼントを受け取れます。
↓ ↓ ↓
今週末の無料情報をもらう
先週のマイルCSはそれほど高配当になりませんでしたがここもしっかりとプラス収支でまだまだ好調です!!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク