【勝島王冠2020予想】

スポンサーリンク

おつかれさまです。とこ穴です。

今日の大井メインは、東京大賞典の前哨戦でもある勝島王冠。

3連覇に挑むモジアナフレイバーに、古豪ノンコノユメ、リッカルド。伸び盛りのカジノフォンテン、ゴールドホイヤー、そしてJRAオープンから移籍してきたマイネルクラース、ノーブルサターン。チャイヤプーンだって力量十分ですから、なんて好メンバーなんだっ!という感じ。

都合が付けば現地に行こうと思っていたんですが、そういえば大井の通行証だけ作るのを忘れていたことに先日気づきました。なんとかあらゆる手を使って捻じ込んでやろうかとも思いましたが、おとなしくテレビ観戦と決め込むことにしました。大賞典こそは行くぜ!

ではささっといきましょう。

今開催の大井はとにかく前、インが有利。なかなか止まらないですよね。おそらくここもその思考でOK。

まずは注目の逃げ馬。もともと逃げる競馬もしていた⑦カジノフォンテンが…とも思いましたが、ここまで燃えすぎる気性を抑え込んで、最後の末脚に転化する競馬を続けてきましたから、このスタイルを崩したくはないはず。なら枠の利を生かして④テルペリオン、もしくは外から強引に⑬サブノクロヒョウあたりがハナに行くと想定。

スロー~平均で流れそうですから、連対圏内は好位勢まで。⑦カジノフォンテン、⑨モジアナフレイバー、⑪リッカルド、⑯ゴールドホイヤーの4頭でしょう。実績、勢いはモジアナですが、枠の利で⑦カジノフォンテンを中心視。あとは応援してるからってのもありますw

ここまで全8勝が左回りですが、大井でも3着があるなら特に気にする必要もないでしょう。女傑ジーナフォンテン産駒というだけで胸がアツくなりますが、是非とも東京大賞典で会いたいと思います。

対抗は⑨モジアナフレイバー。ほほこの2頭で決まりと思ってますから、馬連・ワイド⑦-⑨番のみ。3連なら⑦⑨-①⑤⑥⑩⑭番。カジノ、モジアナが勝負所で前を一掃する展開なら、3着には『間に合わない追い込み馬』が飛んでくると見て、⑤ロードアルペジオ、⑥ハセノパイロ、⑩マイネルクラース、⑭ノーブルサターン。①ノンコはオッズと相談。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク