【水沢・プリンセスカップ2020予想】

スポンサーリンク

おはようございます。

11月も最終日。一気に今年も終わっちゃいますね・・・。

ぴしゃりと締め括りたいですね。行きます!水沢プリンセスカップ!!

毎年のことながら、各地の2歳重賞戦線で暴れまくるのが門別勢。ここも①ラジアントエンティ、②トンデコパ、⑥ルビーブランケット、⑩リスカルダメント、①サウスインザダークの5頭が参戦。馬券の軸となるのは、ここでしょう。

迎え撃つ地元勢は、③ゴールデンヒーラーが大将格。レベルはさておき、前走の知床賞では強豪門別勢を寄せ付けずの圧勝劇。この馬はちょっとモノが違う気がしますね。あとはエンパイアペガサスの妹になる⑧ファイントリック。実績は一枚落ちでも、父がエンパイアメーカーからルーラーシップへ変わり、スケール感はアップしたような気がします。

本命は①ラジアントエンティでいいでしょう。

重賞2連勝。前走のラブミーチャン記念も最後まで余裕綽々。函館→札幌→園田→笠松と、父スマートファルコン同様の全国行脚ですが、まだ2歳。見えない疲れなどがある可能性もありますが、仮に100%でなくても負けない相手関係かなと思います。

対抗は地元期待の③コールデンヒーラー。

スティールグレート、エルヴァスと門別勢を押さえての知床賞勝ち。正直、ラジアントあたりと比較すると2枚は落ちるところですが、ゴールデン自体は最後まで気合つけ程度のステッキが数発入っただけ。着差通り、着差以上の完勝で、門別A級馬とも渡り合える気もします。

おそらくこの2頭が人気を分け合う形となると思うので、狙いは残る1席。

②トンデコパは1000mランナーで1400mに不安。⑩リスカルダメントは前走金沢シンデレラ3着ですが、地元馬マナバレンシアと接戦では正直レベルに疑問。この2頭は軽視します。

⑥ルビーブランケット、⑪サウスインザダークの2頭に可能性を感じます。

まず前者のルビーは門別2勝の実績。使いつつ状態をあげてきましたし、追ってしぶとく距離延長はプラスに働く気がします。

後者サウスは、大敗の前2戦は距離が堪えた印象。サウスヴィグラスの距離短縮は期待値が高いですし、外目をすんなり先行できそうな並びも好材料。ガラリ一変があっても驚けません。

なので買い方は、3連複①③⑥⑪番BOXでもいいですし、3連単①⇔③→⑥⑪番で絞り込む手もあるかなと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
友人から聞いたのですが・・・
ソダシにまつわる「4」の逸話

これまでソダシが出走したレースを振り返ると
「4枠」「4番」「14番」
「前走4番人気」「前走4着」
などなど 「4」のつくものが毎回必ず1頭か2頭好走。
オークスを16番人気で3着に激走したハギノピリナも4枠の馬でした。

こういう事言われると気になっちゃう(笑)
そんなオークスで優駿牝馬で3連単532,180円
16番人気を唯一読んでた予想がコチラ↓



もしかして「4」の話をしっていたのかしら?!
直近でもすごいな~と感じたのは
3連単的中戦績
スプリンターズステークス
ローズステークス
キーンランドカップ
エルムステークス
オークス・ローズステークと 参考レースもバッチリ、かつ「4」の事も知ってるのかも(笑) オカルトはおいておいてもここの無料予想なかなかやります!!
↑のリンクからメール登録し前日夜「逆境セレクト」で馬番確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク