【エリザベス女王杯2020予想】まだ見限れないウインマイティー

スポンサーリンク

おはようございます。

エリザベス女王杯の予想記事になります。よろしくお願いします。

あと先日から「最強競馬ブログランキング」の方を再開しました。特になにかがあったわけじゃないんですけどね。よろしければクリック頂ければ嬉しく思います。

では参りましょう。

本命は⑨ウインマイティー

秋華賞でも本命に期待したんですが、スタートが甘く終始インで揉まれる競馬。内を突いて伸びたデイジー賞、忘れな草賞から5番枠はプラスに働くと見ましたが、さすがにフルゲートのGIでは仇になった形。

今回はいい塩梅の真ん中枠。出遅れぶん回しの紫苑Sも含め、秋2戦はまったく力を出して切っていませんから、当然疲れもないでしょう。現に相変わらず調教では抜群の動きを見せてくれています。京都外回りより阪神内回りの方がいいことも明らかですからね。

昨年はオルフェーヴル産駒のラッキーライラックが①着。そして②着が17・18・19年3年連続②着で、ナイスネイチャを超えたといってもいいクロコスミア。こちらはステイゴールド産駒でしたから、『エリザベス女王杯=ステイゴールド系』と決めつけて、今年はゴールドシップ産駒のこの馬から入ります。

対抗以下は→をクリックして、確認してもらえると嬉しっす。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク