【園田・楠賞2020予想】ハイレベル戦を制するのは!?

スポンサーリンク

とこ穴です。

JBCも終わり、お祭りが終わったあとの寂しさはありますが、今年は大井×門別での開催。正直、慌ただしかったなぁというのが本音。あとは時間帯ですかね。門別、大井、園田が被るし(まぁそれでもバシバシ当たっていればいいんでしょうけど)、やっぱり1場で4レースの方が良かったのかなとも・・・。

さて今日は園田で、楠賞が行われます。

前2年とも優勝の北海道勢が不在とはいえ、今年は南関東勢が脅威。全日本2歳優駿の勝ち馬で秋の鞍で鮮やかな復活を遂げたヴァケーションに、戸塚記念勝ちのティーズダンク、そしてここまで6戦6勝③サロルン。上位3席を取ってもまったく不思議ではないんですが、他地区もスンゴくて、東海地区からは、女傑ニュータウンガールと、ノーザンリバー産駒のインザフューチャー。

しかし地元もスンゴイんですよね。ダービー馬ディアタイザンに、ジュニアカップのイチライジン、そしてステラモナーク。もちろんガミラスジャクソンだってヒケは取りませんし、3連勝中のハナブサとサラベティ。ブルベアガロンだって侮れない逃げ脚。とにかく用無しの馬がいない組み合わせで、過去2年と比べてかなりの好メンバー。はっきり言ってハイレベルです。

かなり難しいですが、ここはある程度、消去法でいきたいと思います。

秋の鞍からは、1着ヴァケーション、2着ステラモナーク、6着ニュータウンガールの3頭。果敢に逃げて2着(1、3着は差し馬で前に行って粘ったのはこの馬だけ)のステラモナークと、コーナーごとに外に膨れながらも差し切ったヴァケーションは互角の評価。6着ニュータウンガールは脱落と言わざるを得ません。この組からは2頭⑥⑧番。

西日本ダービーからは、2着イチラジンと6着インザフューチャー。勝ったのが佐賀のエアーポケットですから、これははっきりとレベルに疑問と言わざるを得ません。エアー自体、地元に戻って2戦使って3、5着ですしね。この組は軽視とします。

ティーズダンクは、前走のダービーグランプリで地元フレッチャビアンカに完敗。全国レベルで見て岩手馬はやはり一枚割引ですから、これは物足りない。戸塚記念もペースが向いた面もありました。今回も嵌まる展開かもしれませんが、乗り替わりはマイナスとみます。

あれ・・・残ったのは秋の鞍1、2着馬だけになってしまったなw

で、次に展開ですが、ここはどう考えてもハイペース。それもかなりのハイペース。

ズバババーン!!と差しが決まると決め込んで、①ハナブサ

もちろんこの相手でいきなり?とは思いますが、前3走はどう考えても本気を出していない競馬。粗削りなぶん、それだけ伸びしろがあるということ。そして逃げ差し自在に立ち回れる点が強みですよね。

前開催あたりから大活躍の廣瀬騎手ですが、意外にも重賞勝ちはまだありませんから、そろそろと言う気もします。ワタシが買うと異常なまでに来ないというジンクスだけが怖いですが、買い続けることが愛だと信じます。当たったら、鰻のはなぶさを予約します!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
友人から聞いたのですが・・・
ソダシにまつわる「4」の逸話

これまでソダシが出走したレースを振り返ると
「4枠」「4番」「14番」
「前走4番人気」「前走4着」
などなど 「4」のつくものが毎回必ず1頭か2頭好走。
オークスを16番人気で3着に激走したハギノピリナも4枠の馬でした。

こういう事言われると気になっちゃう(笑)
そんなオークスで優駿牝馬で3連単532,180円
16番人気を唯一読んでた予想がコチラ↓



もしかして「4」の話をしっていたのかしら?!
直近でもすごいな~と感じたのは
3連単的中戦績
スプリンターズステークス
ローズステークス
キーンランドカップ
エルムステークス
オークス・ローズステークと 参考レースもバッチリ、かつ「4」の事も知ってるのかも(笑) オカルトはおいておいてもここの無料予想なかなかやります!!
↑のリンクからメール登録し前日夜「逆境セレクト」で馬番確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク