【秋華賞2020予想】デアリングタクト逆転はどの馬?

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

今年は無敗の3冠馬が2頭も誕生するかも!?ということで、注目が集まっていますが、昨日はフジ系で特番も組まれていましたね。全部は見れなかったのですが、番組のサブタイトル?が、「Road to Triple Crown」ということで、番組内でも皐月賞がファーストクラウンで、ダービーもセカンドクラウンとかって、なんだかめんどくさい感じになってましたw サツキショウとニッポンダービーで良かっただろうなぁなんて。

さてまぁそれだけ注目がってことで、このブログ記事もたくさんの方の目に触れますようにと祈りつつ参りましょう。

まずは前哨戦ですが、紫苑Sを勝ったのはマルターズディオサ。そしてローズSはリアアメリアでしたが、前者は桜花賞8着、オークス10着。後者は桜花賞10着、オークス4着。春の2冠でデアリングタクトに完敗だった2頭がトライアルを制したということで、これは単純に勢力図は変わっていないということでもあると思うんです。

しかしこの2頭はいかにもGIでは足りない印象があって、マルターズはツイートもしましたが、キズナ産駒と言うのがネック。そしてリアアメリアは、中内田&川田&ディープ産駒ということで、いかにもダノンファンタジー感があるんですよね。

2頭とも前走の競馬をこの本番でできれば、特に春までは待機策しか取れなかったリアアメリアにとっては「奇襲」とも言える競馬になったはずですから、十分チャンスがあった気もするんですが、どちらも前哨戦で手の内を見せてしまったような気がします。当然、2~3着はありますよ(保険かけとこ)。

新興勢力の台頭はなく、春の勢力図が変わらないとなれば、デアリングタクト逆転はないの?と言われると、ないかなぁ・・・と言わざるを得ないんですが、それじゃあツマンナイ。ということで、何とかかんとか捻り出して、本命は⑤ウインマイティー

復帰戦の紫苑Sは、出遅れ+先行有利の展開。しかも枠なりに外をぐるりと回るロス。それでも最後はしっかり脚を使って、マルターズディオサとは0秒3差だけ。スムーズな競馬なら結果も違ったはずですし、当時は関東への長距離輸送で体も減らしてしまいました。今回は輸送時間の短い地元競馬ですから、体が減ることはないでしょう。

そして今回は枠順もいいですね。枠の重要性は今夏のクイーンS⦿レッドアネモス(ブログ記事はこちらをクリック)でも触れましたが、この馬も内枠だ大好き。デイジー賞では強烈なイン突き、そして続く忘れな草賞もインを立ち回って、馬群の間をぶっ刺してきました。

前走のような大味な競馬ではなく、内々で脚を温存させて、直線狭い間をこじあけてくるのがこの馬の本領。今回はそんな競馬ができる枠順だと思います。ゴールドシップ×カコイーシーズと、渋馬場も得意の血筋ですし、調教の動きもとにかく良かった。先々は別として、今回に限って言えば、デアリング逆転があるんじゃないかと思っています。

対抗は⑬デアリングタクト

もうあーだこーだ言う必要はありません。京都内2000mはトリッキーなコースですが、この馬はギアを瞬時にトップまで入れることができる馬。直線で何度もブレーキを踏みながら、差し切ったオークスは、シャレにならんパフォーマンスでした。あの競馬できるなら直線の短いコースも不利とはなりません。

ほぼこの2頭ですから、▲以下はささっとまとめておきます。

▲⑧ソフトフルート
△⑰ウインマリリン
△⑦ムジカ
△②リアアメリア
△⑩クラヴァシュドール

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク