【南部杯2020予想】坂付き左回りなら鬼だよモズアスコット

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

今日は盛岡競馬場で、マイルチャンピオンシップ南部杯。

昨年の1~4着馬が参戦してきましたから、勢力図に変更なしとも思えますが、ゴールドドリームももう7歳秋。徐々に陰りが見えてきている印象も拭えません。

ならば他の路線から・・・ということで、本命は⑤モズアスコット

ここまで積み上げたタイトルは、安田記念・根岸S・フェブラリーSの3つ。そしてこの3つに共通していることが、すべて坂付きの左回りであるということです。

右よりも左がいいことは確かですし、終いの爆発力を生かしたいタイプですから、前が止まりやすい坂が重要になってくるわけですね。盛岡ははっきりいってベスト舞台でしょう。

鞍上は関東リーディング爆走中の若武者、横山武騎手。秋華賞でも有力馬に跨って大仕事をやってのけそうな感じがありますから、まずはここでタイトルを獲って・・・といったところ。

盛岡の1600mはぐるーっと枠なりの競馬になりやすいですから、有力馬が外枠に集中した点も好材料。道中ロスなく運んで直線はいいところを選んで・・・という競馬ができそうです。

対抗は⑪サンライズノヴァ。ツイートもしましたが、南部杯といえばリピーター。昨年の勝ち馬なら当然今年もチャンス濃厚、赤保留ということ。

単穴が③インティ。時計勝負に強いタイプで、この馬も好枠GET。②モジアナフレイバーには毎回期待満載なわけですが、悲しいかなやはりJRA勢が相手になると少し足りないんですよね。それでも1600~1800mがベストは間違いないですから、勝つまでは・・・でも馬券内はありそう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク