【ダービーグランプリ2020予想】門別・南関東しか来ないのです

スポンサーリンク

おはようございます!とこ穴です!

朝から色々とニュースが入ってきて、一喜一憂。

アグネスゴールド産駒が米GI制覇の快挙のあとに、オブライエン厩舎の凱旋門賞出走取消の報。ユタカ・タキの名前を凱旋門賞で聞く楽しみがなくなってしまいました。今から他の馬で出られないもんかね。。。

さてスプリンターズSの予想記事は終わっていますので、次は盛岡で行われるダービーグランプリの記事になります。

ここはタイトルにもあるように、『門別か南関東勢しか来ない』一戦。

2013年の船橋・ジェネラルグラントを皮切りに、14・15・16年はすべて南関東勢が戴冠。そして2017年が門別所属のスーパーステション。2018年チャイヤプーンは地元馬でしたが、その間に南関東へ移籍し戸塚記念を勝っていましたから、扱いとしては南関東でいいでしょう。そして昨年がまたもや門別リンノレジェンド。純粋な地元馬にとっては、厳しい一戦であると言えます。

今年は①コパノリッチマン、⑥アベニンドリームが門別所属で、⑤ティーズダンクが南関東浦和所属馬。こちらは戸塚記念を勝っての参戦ですから、チャイヤプーンぐらいの力はあるのかなと。あと、⑨グランメガスマイルは大井デビュー馬ですから、注意が必要ですね。

で本命はどれ?となると、人気も含めて面白そうなのが⑥アベニンドリーム

黒潮盃13着以降少しリズムを崩してしまいましたが、強敵が揃った前走で久々にこの馬らしい競馬ができました。あれだけ積極的に出して行けたのなら、今回はもっと動けそうですし、門別馬にとって鬼門とも言える『左回り』も、川崎鎌倉記念2着がありますから、不安はありません。控える馬がいればそれを見る形でも問題はありません。

対抗は⑤ティーズダンク、単穴が①コパノリッチマン。あとは⑨グランメガスマイル、⑪ダルマワンサまで。いずれにしてもアベニンドリームのオッズがいい感じなので、単複だけでもいいと思います。

で、今日はもうひとつ。昨日から『ダービーグランプリはガチだよ』と息巻いていた、こちらのUMAJO(とこチャガールズ)さんからの予想も合わせて掲載します。あ、あとの犬さんの予想もね。

・miho(イッヌの嫁)
twitterはこちらをクリック
・競馬は南関東がメイン
・すぐに寝る
・マジですぐに寝る

◎①コパノリッチマン
○⑤ティーズダンク
▲③フレッチャビアンカ
△⑥アベニンドリーム
△⑧カガノホマレ

本命は①コパノリッチマン

門別転入後は馬券外なく、大井黒潮盃でも2着と好走。今回はティーズダンクとのワンツー決着になるとみました。逃げ馬が数頭いますが、この馬も今回は逃げると予想して、逃げ切りに期待します!

・とこチャの番犬
twitterはこちらをワン!
・雑学豊富(たぶん悪いことしてきた)
・でも競馬はガチ予想
・でもたぶんいいヤツ

◎③フレッチャビアンカ
◯⑤ティーズダンク
▲②ピアノマン
△①コパノリッチマン

昨日の盛岡競馬は7R以降勝ち馬は全て前に行った馬。

昨年から盛岡で行われた当レースの勝ちタイム2.07.00(リンノレジェンド)フレッチャビアンカの持ちタイム2.07.02 そして昨日3勝2着1回で、後半の10.11R は連勝とノッている高松騎手。 という観点から本命はフレッチャビアンカに。

対抗は南関東重賞でも安定した成績を誇るティーズダンク、単穴にフレッチャビアンカに2度肉薄しているピアノマンを。 馬券は ③-①②⑤ 馬連3点 ③-②⑤-①②⑤ ②⑤-③-①②⑤ 三連単8点 抑えで①-③ワイド  計12点

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク