【園田プリンセスカップ2020予想】やっぱり門別サウスが最強

スポンサーリンク

えらい眠たいですが・・・とこ穴です。こんばんは。

今日の園田メインは、2歳牝馬重賞の園田プリンセスカップ。

ささっといきますね、ささっと。

タイトルにもあるように、この時季の2歳馬は門別勢を買ってれば当たるレベルなわけですが、中でもサウスヴィグラス産駒はここから各地で猛威を振るっていくことでしょう。ここにも出走していますし、笠松の秋風ジュニアにも門別サウスがいますよね。

①アイルビーゼアも園田・新子厩舎所属ですが、元は門別デビューのサウスヴィグラス産駒。移籍緒戦の前走圧勝で、やっぱりつえーんだなと再認識させられる結果となりました。

ということで、まずは門別からの遠征馬(もしくは出身馬)をチェックして、その馬がサウス産駒かどうか。おそらくこれだけで的中馬券はもうすぐそこまで来ています。

まず門別からの遠征馬は、②ラストスタンド、③ラジアントエンティ、⑨デスブロー、⑩マイハンプスの4頭。これに①アイルビーゼア。3連系はともかく、2連系ならこの5頭で当たると思いますが、この中からサウス産駒を抽出すると、①⑨⑩の3頭。あとはオッズとの相談ですが、馬連・ワイド①⑨⑩番でOKだと思っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク