【札幌2歳ステークス2020予想】今年も狙いはあの枠!!

スポンサーリンク

お疲れ様です。とこ穴です。

『札幌はガチだよ?』とプレッシャーをかけて挑んだ今年の札幌競馬も、いよいよ最終週。

思い出せるのは、◎レッドアネモスぐらいなもんですが、たぶん・・・たぶんその他も何かは当たっていたはずw

その札幌競馬を締め括るのが、札幌2歳ステークス。

3歳ステークスからの勝ち馬を見ると、まぁ錚々たる顔ぶれ。ジャングルポケット、ロジユニヴァースの両ダービー馬に、あとはアドマイヤムーンも勝ってたっけ。芝1200mで行われてた時には、ニシノフラワーやビワハイジ、スカーレットブーケにプライムステージなど、名牝が多かったですね。

と、何が言いたいかというと、出世レースということ。ここを勝った馬はずっと追いかけて損はないですよーということです。(ロックディスタウン・ニシノデイジー・ブラックホールでエライ目に合っていることは内緒)

そして札幌2歳ステークスと言えば、アレ。

毎年ブログで取り上げていますが、鉄板のデータがあるんですよね。

それが枠順。

札幌芝1800mはスタートして最初のコーナーまでの位置取りが勝負ですから、当然内枠が有利なんですが、2歳戦では内よりも外が有利。ゴチャ付かずスムーズに運べる方がいいんでしょう。

そして中でも強烈な数字を叩き出しているのが、11番枠。過去10年〔3-4-0-3〕で、連対率は驚異の70%。何も迷うことはありません。11番から買えば当たるんです。非常に単純な作業。そう、こんなにも単純な作業でお金が増えるのです。

今年、この強運枠をゲットしたのはウイングリュック

前走は見事な逃げ切りでしたが、ラップを見るとその中身の濃さに驚かされます。

「12.6-11.2-11.9-12.5-12.1-12.1-12.3-12.3-12.8」

最初の入りはゆったりですが、2・3F目が11秒台。そして本来なら緩めたい中盤で、12.1-12.1ともう一度加速しているのです。これこそがこの馬の豊富なスタミナの証明であり、最終週の馬場でタフな競馬になりやすいこのレース向きとも言えるわけですね。

母コスモフォーチュンはマイネルラヴ産駒らしく、スプリント重賞を勝ちましたが、その妹となるコスモプラチナは芝2000mのマーメイドSを制しました。とにかく走る牝系なんですね。

大ブレイク中の横山武騎手が、こちらではなくウインルーアに騎乗となりましたが、和田さんならまったく不安はないですし、追わせるタイプだと思うのでむしろ合う可能性もあります。

印はこんな感じ。

⦿⑪ウイングリュック
○⑥バスラットレオン
▲⑬ソダシ
△①ピンクカメハメハ
△②ヴェローチェオロ
△⑨ウインルーア

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク