【園田オータムトロフィー2020予想】距離延長◎ユウキラフェール

スポンサーリンク

おつかれさまです。

今日は園田で重賞『園田オータムトロフィー』が行われます。

前2年は牡馬が優勝(クリノヒビキ・テンマダイウェーヴ)していますが、今年はステラモナークが出てきましたから、牝馬の優勝もありそうですね。では早速予想の方へと参りましょう。

本命は⑧ユウキラフェール

移籍緒戦こそ2着に敗れましたが、その後勝ち星を積み重ねて、ここまで9戦7勝。大きく崩れたのが、のじぎく賞9着の1回だけで、これは押せ押せのローテが祟ったもの。すぐさま巻き返しての3連勝は、素質の証明とも言えます。

前走は終始外々をぐるっと回っての差し切り。1700mでの勝ち星もありますが、あれだけロスの多い競馬で勝ち切ったということは、スタミナ無尽蔵ということ。

そしてそのスタミナの根源となっているのが、祖母ユウキビバーチェ。トニービン産駒らしく、息の長い末脚が持ち味で、オークス2着の実績。その牝系にダービー馬ディープスカイですから、スタミナがないはずがありません。むしろ1230mで勝ってきたことが奇跡でしょう。

1700mは内枠が有利の舞台ですが、この馬はおそらく外ノビノビがいいタイプ。外目の枠は好都合です。4連勝で重賞奪取。

対抗が②トライバルキング。こちらも目下連勝と勢い十分。鞍上の吉原騎手も冴えていますしね。単穴が④ポリバレント。ロージズインメイ産駒らしいスタミナ型。今回も前走同様の競馬に持ち込めそう。以下、⑤エイシンガネーシャ、⑦ガミラスジャクソン。⑨ステラモナークは外枠で少し割引、⑩ジョウショーカーブも前走は枠の利がデカかった。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク