【北九州記念2020予想】カギはアイビスサマーダッシュ!

スポンサーリンク

では続きまして、北九州記念を。

ささっといきましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北九州記念2020予想

⦿⑨ダイメイプリンセス
○④レッドアンシェル
▲⑤トゥラヴェスーラ
△②ゴールドクイーン
△⑩モズスーパーフレア
△⑮アンヴァル
△⑰タイセイアベニール

まずカギとなるのが、『前走アイビスサマーダッシュを使った組』。

先週のUHB賞2着カッパツハッチ、3着イベリスはともにアイビスを使っていた組。やはり1000mの速い流れを経験しているということで、追走が楽でしたね。馬に気が入るってやつです。

今の小倉は後方に置かれては厳しい馬場。激流も予想される一戦ですから、そのスピード比べで脱落するようでは話になりません。その点で前走アイビスを使っている馬が有利になるはず。

本命は⑨ダイメイプリンセス

過去2年2、1着。今年は56キロを背負いますから、前2年から1キロ増。それでも前2走は56キロで僅差の競馬ですから、斤量自体は問題になりません。そして持ち時計はメンバー最上位となる、1分6秒8。今の超高速馬場では、これは大きな強みとなります。今年もこの馬に出番。

対抗は④レッドアンシェル。今回からブリンカーを着用。前走のCBC賞で3着と復調気配は示していますし、ここは展開もドンピシャの感。内々をロスなく捌いて上位へ。

単穴が⑤トゥラヴェスーラ。1200mに絞ってレース振りが安定してきました。叔母がスプリンターズS勝ちアストンマーチャンですから、まぁそれもある意味納得かなとも。いい状態、いいステップを踏んでの武豊騎手起用。新星誕生の予感もあります。

△では⑩モズスーパーフレア。間隔をあけた方がいいタイプで、スプリンターズSの前哨戦nセントウルSからの始動ではなく、ここから。さすがにハンデは56.5となりましたから、そう簡単には‥という気もしています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする