【ブリーダーズゴールドカップ2020予想】鉄板データで仕留めます

スポンサーリンク

お疲れ様です。とこ穴です。

昨日はサマーチャンピオン(佐賀)と、フルールカップ(門別)の2重賞をブログ記事にしましたが、ハマったのはサマーチャンピオン。

軽視したヒラソールが除外になったのは、個人的、馬券的には残念でしたが、断然人気のコパノキッキングは3着まで・・・というのが、我ながらカッコ良かったです。

今日のブリーダーズゴールドカップも、少点数でビシッと仕留めてやろうかと思っていますよー!

こちらもサマーチャンピオンと同じく、JRA勢をどう買うかだけ。ハイレベルの門別勢とはいえ、やはりこのカテゴリーではまだまだJRA撃破の壁は高いと言わざるを得ません。

牝馬限定戦となって今年で7年目となりますが、過去6回の勝ち馬はすべて関西馬。1着候補は関東馬ではなく、関西馬になります。今年は⑨メモリーコウ、⑭レーヌブランシュの2頭だけですから簡単ですよね。

メモリーコウは、重賞制覇まであと一押しといったところですが、着差はすべて小差。エスポワールシチー産駒ですから、距離はマイル前後がベストかと見ていましたが、1800~2000mの方がいいかもしれないですね。近走はちょっと忙しかったイメージ。

レーヌブランシュは今が伸び盛りの3歳馬。クロフネ産駒は外をノビノビが好走条件になりますし、ゴチャ付かないこの枠は好都合。少しゲートに危うさもありますが、そこはさすがに鞍上松山騎手の手腕に期待するしかありません。

そしてこの2頭は今の門別の馬場では必要不可欠となる、先行力があります。軸としては信頼できます。頭候補はこの2頭で決まり。

限りなく2~3着が堅いと思われるのが、①プリンシアコメータ。このレースはリピーター(勢力図が変わらない)の好走が非常に多い一戦。2年連続2着の地力と適性、そしてインベタができる最内枠。

➅マドラスチェックは、鞍上に若武者・横山武騎手ですから勢いに注意ですが、この馬に2000mは微妙に長い感じもします。マリブムーン×ミスターグリーリーの血統面からも、やはりベストは1600m前後でしょう。頭はなく、こちらも2~3着まで。

⑦シネマソングスは目下2連勝。勢いがとどまるどころか、さらに上昇していくのがハーツクライ産駒の特徴。これはディープ撃破の自身もそうですが、代表作のジャスタウェイがまさにそのタイプでした。なので怖いっちゃ怖いんですが、さすがにここは一気の相手強化。こちらは来たらゴメンナサイで臨みます。

【買い目】3連単 ⑨⑭→①➅⑨⑭→①➅⑨⑭

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク