【サマーチャンピオン2020予想】競艇買いでOK?

スポンサーリンク

おつかれさまです。

今日は佐賀でサマーチャンピオン、そして門別でフルールカップが行われます。朝から夜まで競馬漬けの1日ですね。

昨日は結構いいヒットとホームランも打てていたのですが、後半でブンブン丸。びっくりするけど、負けはないよなとツイートした直後から何も当たらず、マイナスで終わってしまいましたw

でも参考に儲かりました!というお声も頂き、さらにはサポートまで・・・。皆様に生かされておりまするっ…!!

ということで、今日はブログで2重賞を頑張って書きましょう。まずは佐賀から。

さすがに他地区、地元勢に出番はない一戦。JRA勢5頭(ヤマニンアンプリメ、サヴィ、コパノキッキング、ヒラソール、メイショウテンスイ)をどのような順番で買うかどうかだけ。競艇のように絞って買う一戦。

まずはコパノキッキングの取捨。58キロ背負って重賞①②着ですから、斤量泣きするタイプではありません。しかし今回は58.5キロに加えて、ベストから1F長い1400m戦。来たらゴメンナサイのスタンスで、3着までとします。

では頭候補はどの馬か。

まずは前走プロキオンSで小差③着と好発進の①ヤマニンアンプリメ。1400mはJBCレディス快勝がありますし、機動力が持ち味のタイプ。自在に立ち回れるこの枠もプラスでしょう。鞍上川田騎手も地元ですからね。気合が入っていることでしょう。

続いて⑤サヴィ。全6勝がこの距離で、前走でオープン快勝。勢いに乗っています。問題は地方の深いダートに対応できるかどうか。どちらかと言えば軽い馬場向きとの印象もありますが、枠なりにスムーズな競馬ができそうですから、もちろん頭まであっても。

おそらく、頭の期待はこの2頭ではないかなと思いますが、2~3着が堅いの⑫メイショウテンスイ。この時期は3歳馬が強く、その傾向はダート短距離で如実に現れます。前走で古馬を粉砕し、1分22秒2の快時計。これまで崩れたのはすべて左回りで、右回りでは〔1-2-1-0〕とすべて馬券内。ハンデも53キロ、今ノリにノッている酒井学騎手。

ヒラソールは軽い馬場向きですから少し割引ます。

馬券の買い方は、①⑤→①⑤⑫→①⑤⑦⑫番。オッズはわかりませんw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク