【クイーンステークス2020予想】たぶん条件ドンピシャ

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

久々の中央競馬予想記事。昨日はサッパリでしたが、札幌だけはガチなんだよ?と言ってしまた以上、重賞レースを無視するわけにはいきません。

クイーンステークスと言えば波乱。まぁ中には順当に決まった年も当然ありますが、でも波乱。波乱と決めつけます。人気薄を狙っていい一戦です。

そしてクイーンステークスで非常に有効となるのが、血統。洋芝、小回り歓迎の血統はもちろんのこと、非常に目につくのが『母父サンデーサイレンス』馬の好走率の高さ、多さでしょう。今年も該当馬(ビーチサンバ)がいますから、要注目。

しかし本命はビーチサンバではありません。もっと人気のないところから入りたい。だってととこん穴にこだわる競馬予想ですから。

本命は①レッドアネモス

少し重賞の壁にあたっている印象も受ける成績ですが、同形態の中山牝馬S、福島牝馬Sはともに0秒6差だけ。マーメイドSは距離を敗因とすれば、8着惨敗も気にはなりません。

そしてこの馬のベストパフォーマンスと思っているのが、3歳春の白百合S(6走前)。2着が本格化前とはいえ、重賞ホースのモズベッロ。相手関係も然ることながら、注目すべき点はその内容。3番枠で終始インを使って、最後の直線も内を突いて一気に抜け出してきました。

牝馬離れした勝負根性と混戦向きのしぶとさ。しかしそんな競馬に持ち込もうと思えば、当然ながら枠順がカギとなります。ロスなく運べる内枠が絶対条件。

その後5戦は、10・12・7・9・10番枠とすべて真ん中よりも外目。これではこの馬の持ち味が生かせません。しかし今回は待望、絶好の1番枠。枠の並びに不満はありません。

そしてもうひとつが血統。

先週から少し気にはなっていたのですが、先週の札幌芝でよく来てるなぁと思ったのが、母父サクラバクシンオー配合馬。計4頭が出走して〔1-2-0-1〕。今の時計の速い馬場に合うスピード血統で、父ヴィクトワールピサも昨日新馬勝ちを送り出しました。傾向にドンピシャリということです。

鞍上の吉田隼騎手も、アドマイヤジャスタで函館記念制覇と好調。サマーセント、メイケイダイハードと穴馬連発の酒井学騎手のように、人も夏が得意とかあるのかもしれませんねw

◎①レッドアネモス
○⑨ビーチサンバ
▲②スカーレットカラー
△⑧フェアリーポルカ
△⑬サムシングジャスト
△⑥カリビアンゴールド
△④タガノアスワド

ヴィクトワールピサBOXも押さえておきたいですね!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメント

  1. 丸のり より:

    毎回参考にしてます
    三連単2点1000円づつ買わせて貰いました
    150万勝ち出来ました
    ありがとうございました

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      ありがとうございます。
      150万勝ちは凄いです!!おめでとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク