【金沢スプリントカップ2020予想】来年用のメモ。

スポンサーリンク

【金沢スプリントカップ2020予想】
⦿②ナリタミニスター
○⑧ジャーニーマン
▲⑦エイシンデジタル
△④セイプレジール
△⑨チェゴ
△⑥タイセイエクレール

過去5年の勝ち馬はすべて他地区勢。その内訳は兵庫3勝、笠松2勝。今年もこの流れには抗えないとみます。

本命は②ナリタミニスター。前2走は58キロを背負っての快勝。前走は時計が出る馬場だったとはいえ、1分27秒3。ここに来て充実期を迎えたとみます。鞍上の吉村騎手は④セイプレジールとお手馬がかち合いましたが、素直にこちらが勝負になると踏んだのでしょう。今回は57キロになりますから、3連勝での重賞制覇に期待します。

対抗が⑧ジャーニーマン。地元・・・というよりは、戸塚記念3着などを含めて、南関東のA級馬というイメージ。前2走大差勝ちは、はっきりと地域レベルの差とも言えますから、他地区無双状態の連鎖を断ち切る可能性は秘めています。でも枠がなぁ・・・。ナリタと逆ならと思うので、馬券は2番手までにします。

②→⑧→⑦④⑨⑥(3連単)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク