【マーキュリーカップ2020予想】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーキュリーカップ2020予想

⦿⑦アポロテネシー
○③マスターフェンサー
▲⑨デルマルーヴル
△⑧ヒストリーメイカー

地元の期待を背負う①ランガディアは、目下重賞3連勝と勢い十分。レース振りは豪快で確かに魅力はありますが、これは単純にレベル差。初ダートだった3走前総武S16着が、JRAでの力関係でしょう。

昨年のダービーグランプリを圧勝し、古馬をなぎたおして道営記念制覇の⑤リンノレジェンド。復帰後2戦は8、8着と冴えませんでしたが、体が絞れた前走で復活の狼煙。それでもここは相手が協力すぎますね。ランガディアよりは上が取れそうですが、馬券内まで飛び込んでくるかと言われれば・・・どうでしょうか。

人気を背負うのは、③マスターフェンサー。ベルモントS5着は確かに立派ですが、正直いまの日本競馬はそれぐらいでは驚けないぐらいレベルアップをしています。もうファミコン版ダビスタの時代とは違います。前2走は東京2100mのOPで2、2着ですが、この勝ち切れないところが実力と言えば実力でもあるんじゃないかなと思ったりも。

⑧ヒストリーメイカーは東海S4着からの臨戦。重賞級の能力があることは証明済みですが、今回は〔0-0-0-2〕の左回り。鞍上にも一抹の不安を覚えます。勝てばアッサリだとは思いますが・・・。

⑨デルマルーヴルは岡部誠騎手を確保できましたが、今回は他馬よりも重い57キロ。名古屋グランプリでもかなり叩いて叩いての追い上げでしたから、斤量が重くなって動けるかどうかの不安があります。⑫ヨシオは昨年の2着馬ですが、勢いに陰りが見えている現状。

消去法で残った⑦アポロテネシーが一番信頼できそう。

東京2100mで2勝、3勝クラスを勝っていますが、持ち時計は2分9秒8。マスターフェンサーは10秒台を切れていませんから、時計比較上、差はないとも言えるわけです。

今回は移籍緒戦となりますが、調整過程を見る限り順調に来れていますし、鞍上の横山武騎手も今ブレイク中。勢いを買うということです。

とはいえ、アポロもアポロで勝つシーンはちょっと・・・なので、馬連・ワイドとかで仕留めたいなぁ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする