【グランシャリオ門別スプリント2020】末脚一閃!ニットウスバル

スポンサーリンク

とこ穴です。

今日の門別メインは、グランシャリオ門別スプリント。

時間も時間なのでささっといきますw

実績は前走JRA勢を撃破したメイショウアイアン。今年で3年連続の出走となりますが、過去2年は②①着。今年は勝っての参戦となりますから、ムードは最高潮。マヤノトップガン産駒は高齢になっても衰えがないですし、当然相手弱化のここは落とせないところでしょう。

アザワクはこの距離3戦3勝と負け知らず。前走②着と軌道修正、中間も坂路で好時計を連発なら状態面に文句ないはず。そしてここは斤量差も大きな魅力。最大5キロですからね。

アークヴィグラスは、門別復帰初戦となった前走のヒダカソウカップで、復活の狼煙を上げる②着。この距離での重賞勝ちもあり、何よりサウスヴィグラス産駒なら距離短縮が大きな追い風に。

取消明けとなるジョウランも、スピード豊かなタイプ。福島1150mで新馬勝ちしているように、おそらく本質的には1200mよりもさらに短いところ。初めての1000mはむしろ歓迎とも思えます。

このあたりでの決着が濃厚ではありますが、ここはかなり前が流れるメンバー構成。1000mといえどもスピードだけで押し切れる緩いものではなく、馬場もどちらかと言えば差し馬向き。

ならば、狙いは②ニットウスバル

前走の北海道スプリントカップでも、ラストよく伸びて④着好走。とはいえ、個人的には手応えほど伸びなかった印象もありました。8歳にして初めての1000mは確かに不安満載ですが、前走のその印象通りなら、当然この距離の方が切れる脚が使えるはず。そしてここは前も速い。馬場も差し馬向き。メイショウアイアン逆転はどうかも、末脚一閃で馬券内はカッチカチだと見ています。

その他の門別予想はこちら↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク