【栄冠賞2020予想】重賞制覇へリーチです

スポンサーリンク

お疲れさまです。

早いもので門別ではもう2歳馬の重賞が行われます。それが本日のメイン、第45回栄冠賞。デビュー前から評判の高かったサイダイゲンカイを筆頭に、好素質馬がズラリと揃いました。

世代最初の重賞ウイナーはどの馬か。では早速予想の方へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄冠賞2020予想

⦿⑨リーチ
○⑥サイダイゲンカイ
▲⑩ラジアントエンティ
△①スティールグレート
△⑤ラッキードリーム
△⑧ハートプレイス
△⑫デジタルシティ

本命は⑨リーチ

フレッシュチャレンジ6馬身完勝。砂を被っても怯む様子はなく、4角スムーズに外へ持ち出すとあとは手応え通りの伸び。打って響く瞬発力、少しインへ切れ込む仕草も見せましたが、これはデビュー戦ですから気にする必要もないでしょう。

②着エイシンビッグボスは、その後アタック→2歳オープン連勝。③着クラバルバトスもアタック快勝→ウィナーズ④着ですから、相手レベルも決して低くはなかったですし、母が『スイート』ローレライで芦毛だったので、ピン!と来て調べたら、叔父がJRA7勝で函館スプリントS、アイビスSD2着のシンボリスウォードで、叔母がクリスタルC勝ちのスイートオーキッドという、バリバリのスプリント血統でした。

1200mが長いということはないですし、前走も折り合いはついていたのでまったく問題ありません。ましてやここはかなり速いペースが予想されますからね。ここを勝って函館2歳Sへ乗り込んで欲しいなぁと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする