【関東オークス2020予想】左回りダートはたぶん鬼ちゃん!

スポンサーリンク

おつかれさまです。とこ穴です。

昨日の東海ダービーは、③着とはいえ11番人気フクダイトウリョウに⦿をつけることができてよかったです。『とことん穴にこだわる競馬予想=とこ穴』ですからねw

さて今日は関東オークスがメインですかね。桜花賞→プリンセス賞を制し、3冠達成へ挑むアクアリーブルに注目が集まりますが、今回はJRA馬が相手。壁は高かった・・・という結果も考えられますが、地方競馬が大好きで、佐藤賢厩舎は世界一と思っているワタシにとっては、何としてでも勝って欲しい一戦。

アクアリーブルが⦿なら、穴じゃないじゃないかぁ~(えなり風)と言われそうですが、馬券は2~3着でもアタリ。そうです。昨日のフクダイトウリョウのように、穴馬をチョイスして馬券内に来ればいいんです。では参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関東オークス2020予想

⦿⑩アールクインダム
○⑪アクアリーブル
▲⑦レーヌブランシュ
△⑫クリスティ
△⑨セラン
△②ルイドフィーネ

本命は⑩アールクインダム

札幌芝1800mを逃げ切り、菜の花賞では中団から差す脚を見せて快勝。逃げ差し自在で展開不問、そして2勝ともが久々と『一戦完全燃焼タイプ』。今回、間隔をあけてきた点は+に働くはずです。

そして今回が初めてのダートとなりますが、血統的には断然ダート向き。母キャプテンガールは船橋・川島正行厩舎からデビューし、御神本騎手を背に5馬身差の圧勝で新馬勝ち。その後は勝ち星を挙げられませんでしたが、能力の高さは随所に示していました。そして半兄コルクは、JRA未勝利でしたが、その後移籍して川崎で2勝を挙げました。

母も兄も左回りのダートでの勝ち星があったというところに注目。

そして父ローズキングダムの産駒も、実は左回り向きが多いんですよねぇ。地方での代表馬といえばスプリングマンですが、この馬は東京芝1400mで未勝利を勝ち上がり、その後浦和へ移籍して、船橋1600で南関東初勝利。そして右回りの大井2戦凡走を挟み、左回りに戻った川崎クラウンCで重賞制覇を飾りました。

父も母も左回りが合い、そして川崎ダートでの成績がいいんですよね。先日ツイートして9番人気②着と好走したテンノウザンも、実はローズキングダム産駒。そうです、川崎と言えばローズキングダムなんですよ!!(でも高知も走る)

相手は順当ですが、狙っている方が多いと思われるのがクリスティ。確かにキズナ産駒はダート走りますし、母ホワイトアルバムはクロフネ産駒。関東オークスとの関連が深い血統とも言えますが、2100mが合うかどうかと言う気がしますし、何よりワタシ以上の逆神と知れ渡っている名物後輩が「ずっと買ってますからね!ここは楽勝でしょ!」とノリノリな点も、大幅マイナスだと思ってますww

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする