【九州ダービー栄城賞2020予想】満場一致でミスカゴシマ!

スポンサーリンク

今年も始まりました!ダービーシリーズ!!

毎年ダービーシリーズカテゴリーを作って、すべてのダービーを予想しているわけですが、昨年の結果を振り返ってみると・・・。

九州ダービー ◎スーパージンガ ①着(記事はこちら
石川ダービー ◎ロンギングルック ①着(記事はこちら
東京ダービー ◎アギト ⑬着(記事はこちら
兵庫ダービー ◎バンローズキングス ①着(記事はこちら
岩手ダービー ◎グレートアラカー ②着(記事はこちら
東海ダービー ◎マコトネネキリマル ②着(記事はこちら
高知優駿 ◎アイオブザタイガー ②着(記事はこちら
北海優駿 ◎シベリアンプラウド ③着(記事はこちら

断然人気も入っていますが、◎【3-3-1-1】はかなり優秀だと思いません?

書いているときから「狙いすぎてるかなぁ」と思っていたアギトを除けば、完璧な成績。ちなみに兵庫ダービーとかは、記載した鉄板データをもとにビシッと当たったので、とにかく嬉しかった記憶があります。参考程度にでも、目を通すことをオススメしますよ^^

では今年もバシバシと行けるように頑張ります!まずは日本ダービー後に行われる、もうひとつのダービー!!九州ダービー栄城賞です!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

九州ダービー栄城賞2020予想

⦿⑩ミスカゴシマ
○⑦トップレベル
▲④アイノウィステリア
△③エアーポケット
△⑥リバイブ
△⑧イケノアスリート
△⑫オドルキツネ

本命は⑩ミスカゴシマで異論はないでしょう。

佐賀生え抜きの10戦10勝。前走の佐賀皐月賞では、トップレベルに最後クビ差まで迫られましたが、先行勢総崩れの厳しいペースを押し切ってのもの。並みの馬なら大バテしてもおかしくなかっただけに、これは着差以上の価値があるとみていいでしょう。

今回は初めての2000mになりますが、その前走で心肺機能の高さを証明したわけですから、当然マイナスはありません。大半が勝負付の済んだメンバーでもありますから、ダービーとはいえ地元ならまだまだ通過点。いずれは全国区に躍り出て欲しい逸材です。

相手は⑦トップレベル。対ミスカゴシマは5戦5敗。オールドファンからすると「テイエムオペラオーvsメイショウドトウ」みたいな構図ですが、ドトウも宝塚記念ではオペラオーを下してGI制覇。ライバル関係はいつか逆転することも、競馬の面白いところですよね。

前走は展開が噛み合ったとはいえ、ミスカゴシマをクビ差まで追いつめてわけですから、力をつけていることも確か。成長力のあるフリオーソ産駒ですから、もしかすると・・・も。

▲④アイノウィステリアは、佐賀移籍後3戦3勝と負け知らず。今回は一気に相手が上がりますが、雄大な馬格からもまだ上積みがありそうですし、父リーチザクラウンは17年のダービー馬スーパーマックスを輩出。この馬ももしかして・・・の期待があります。

以下△は、来ても3着まで評価。ワイドで買うか、3連の相手と言った感じで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする