【さきたま杯2020予想】キャプテンに逆らえませんぜ

スポンサーリンク

もう何も言わねぇ。予想にいくぜぃ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さきたま杯2020予想

⦿⑩キャプテンキング
○⑨ブルドッグボス
▲⑫ゴールドクイーン
△③ブルベアイリーデ
△②ジャスティン
△⑤ノボバカラ
△④ノブワイルド

本命は⑩キャプテンキング

前走の川崎マイラーズは1年ぶりの実戦。525キロ(デビュー以来最高馬体重)は、さすがに余裕残しの体つきでしたが、0秒6差③着なら十分すぎる内容。1年ぶり→中1週というローテが気がかり(調整も時計を出さず)ではありますが、こればかりは走ってみないとわかりません。

そしてもうひとつ。ここは展開、位置取りが他と比べて”上手くいく”気がするんですよね。浦和1400mといえば、先行争いが激しくなりやすく、そしてコース幅が狭い。昨秋のJBCレディスクラシックを思い出してもらえばわかりますかね。内枠の先行馬にとっては、結構キツいコース形態なんです。

ここは大外⑫ゴールドクイーンがビュンビュン飛ばし系ですし、④ノブワイルドもストップザシーズンならぬ、ストップザビュンビュン系。ゴールドがインへ切れ込んでくると、内枠勢は引かざるを得ません。ならその激しい先行争いを見ながら運べる馬に利があるというわけです。ゴールドを行かせて外目追走。克服すべきは時計短縮だけですね。

相手は⑨ブルドッグボス。こちらは展開ドンピシャ、浦和1400mもJBCスプリント快勝の舞台ですし、出戻り戦の前走④着なら及第点。「浦和は小久保だなー」ってなるのかな。

単穴は行き切ってしまえば・・・の⑫ゴールドクイーン。持ち時計1分21秒5は断然ですから、時計勝負へ持ち込めば。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする