【大井記念2020予想】穴馬検知!紅一点マルカンセンサー

スポンサーリンク

またもやブログを放置しちゃいました。すんまそんまさよし。

コロナ自粛コロナ自粛コロナ自粛・・・で、いつの間にやらゴールデンウィークも終わっていてさらに梅雨入りがどうだとか、もう今年は何が何だかわかりませんが、今週はオークス。そして来週はダービー。地方でもダービーシリーズが始まりますし、各地で重賞競走が行われます。自粛はしても歩みを止めないことが大事。できること(競馬予想&参加)をして、それが誰かのお役に立てるのなら嬉しいです(かっこええこと、ゆーたったわ)。

さて大井競馬では、帝王賞へのステップレース(1~2着馬に帝王賞への優先出走権)となる『大井記念』が行われます。ブログPV数を見ても、やはり南関東はナイターということも手伝ってか、かなり反応がいいですから、それだけ必要とされていると思って頑張ります。

そして今回は、超競馬勉強オプチャのとこちゃっとメンバーも何名か予想してくれます。楽しみ楽しみ。まずはほとんど当たらない管理人から参ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大井記念2020予想

とこ穴(twitter)(note)

⦿③マルカンセンサー
○⑫ストライクイーグル
▲⑬サウンドトゥルー
△①オールブラッシュ
△⑪タービランス
△⑨サブノクロヒョウ
△④フレアリングダイヤ

本命は③マルカンセンサー

前走のブリリアントSは確かにスローに嵌まった嫌いもありますが、まだ体調面がホンモノじゃなかったと判断。軽ハンデとはいえ、目の覚める豪脚で中央馬に割って入ったTCK女王盃②着が印象的。復調さえすれば、牡馬相手でもヒケを取るとは思えません。

前走もしっかりと追い切って臨みましたが、今回はさらに負荷を強めて11、16日とハイラップを踏んでの一杯追い。状態面の上積みを感じる動きと、意欲的な調整。陣営のここに賭ける思いを感じ取れる内容だったと思います。

前が有利になったり、後ろから届いたりと少し不思議な馬場が続く大井ですが、共通して言えることは、『まぁまぁタフな競馬/馬場』だということ。渋いこの馬にとってはいい傾向と言えるでしょう。

2000m→1800mが好材料とみて、ブリリアントSで⦿に指名したタービランスですが、今回は再び2000m。実績から-はないんですが、前走の推奨根拠からすればここは推せないところ。理屈が合いません。

⑤クインズサターンも、川崎マイラーズで1800→1600mがプラスとみて⦿に指名したので、2000mの今回は買っちゃダメということです。

レイ(SK)(twitter)

◎⑫ストライクイーグル

前走のブリリアントカップでノンコノユメに勝ち、御神本騎手が引き続き騎乗。斤量も57kgに減り、逃げ馬不在の今回のレースで、外枠から前目で競馬ができ、かつ脚も使える点から本命に期待。

〇⑬サウンドトゥルー

前走⑪に負けているが、これは枠が1番だったことや、1800mという距離にあると思い、今回は距離延長かつ外枠と前走に比べてかなりプラスである。衰えだけが心配だが…。

▲④フレアリングダイヤ

一番注目したのは距離短縮で、この馬は距離を短縮したときが強い。前走や4走前のような競馬もでき、重賞でも通用する能力がある。しかし、距離、斤量、上りが重要になりそうな展開と不安な部分もあって3番手評価。

△⑤クイズサターン

前走は8着という結果だったが、このレースは川崎の1600mなので気にしなくていい。中央での成績や2,3走前の結果を含め期待できるのではないか。

なまチャンネル(twitter)(note)

◎⑩キャッスルクラウン
〇⑫ストライクイーグル
▲④フレアリングダイヤ
△①オールブラッシュ
△⑥ブラックバゴ

本命は⑩キャッスルクラウン

前走の笠松でのオグリキャップ記念2着。 過去5レースあまりいい結果を残せてはいないが、距離が長い方が有利かと思うので推奨。他の馬も強者揃いで人気薄となっているが十分チャンスがあるので美味しいオッズにも期待。

対抗は⑫ストライクイーグル。前走のブリリアントカップでは、8番人気ながらノンコノユメ、サウンドトゥルー、オールブラッシュのGI馬3頭にしっかりと勝利。 距離に不安は感じるが、能力を買って対抗評価。

複勝⑩
ワイド④-⑩
3連複⑩-①④⑥⑫

シトラス(twitter)

◎⑤クインズサターン
○⑪タービランス
▲⑫ストライクイーグル
☆③マルカンセンサー
△②バンズーム
△⑦ジョーストリクトリ
△⑨サブノクロヒョウ
△⑬サウンドトゥルー

昨日の大井はやや魔界と化していてちょっと掴みきれない。前有利かとも思いましたが、適性次第では差してこれる馬場なのか。今日も寒いですし、雨の可能性もあってそんなに乾くかは怪しい。

展開としてはオールブラッシュの楽逃げか、スローで流れてロンスパの展開。オールブラッシュはコーナーの走りが凄く良い馬なので、直線まではこの馬が先頭か。そうなるとコーナー押し上げしづらく、あんまり後ろからいく馬は割引。

本命はもう一度クインズサターン

前走は結果的に付いていけず、現状このレベルのマイルはやや忙しい印象。有力どころは外、近くの馬はテンが速くないですし、ラチ沿い3列目位はとれそう。

人気のタービランスには移籍初戦川崎2000で0.1差、ストライクイーグルには浦和2000で勝っています。タービランス、ストライクイーグルが見える位置から追い出せれば、逆転があっても。

やや消去法ですが、対抗にタービランス。ストライクイーグルよりは内に入りましたし、各馬見ながらそれなりの位置をとれるか。安定感はありますし、勝ちきれないけれども大きくは崩れない。

単穴にストライクイーグル。前走8人気快勝で1人気、買い時は前走だったか。その前走はかなり前が残った内容で、今回隣のタービランスが意識してきそう。一つ外を回されてポジション利を失いどこまでやれるか。

特注はマルカンセンサー。バンズームと迷いましたがこちらに。終いはかなり切れる馬。好枠ですしインベタならやれても。素直に鞍上もこの舞台で信頼したい。

ヒモは迷ったバンズーム、2走前好内容ジョーストリクリ、復調気配サブノクロヒョウ、古豪サウンドトゥルーまで。

買い目
3連復
◎→○▲→印
馬単
◎→印
馬連
◎→○▲

リン(twitter

◎⑫ストライクイーグル
◯③マルカンセンサー
▲⑦ジョーストリクトリ
△④フレアリングダイヤ
△⑪タービランス
△⑬サウンドトゥルー

本命はストライクイーグル

前走ブリリアントカップでは8人気と低評価ながら、先行して上がり2位タイの脚でゴールを駆け抜けた。 金杯の2600はやはり少し長かったか、と思われるが、前走から1ハロン延長のここなら勝機は充分にある。

現在1人気だが、前残りも差しもあり得る昨日の様子の大井なら、先行して終いの脚も使えるこの馬からいきたい。

対抗はマルカンセンサー。牝馬は2000メートルになって以降3頭出走。その内一頭も馬券になっていないが、今回は定量戦になって初の牝馬参戦。そしてこの馬も本命馬同様4.5番手につけても最後の脚がきちんと使える馬。

また、2000メートルになって以降、6年間で大井記念で馬券内に入った種牡馬は、キングカメハメハが3回、サウスヴィグラスが2回、ロージズインメイが2回(同一馬を除く)。 産駒数で言うと上記二頭よりかなり少ないロージズインメイの産駒が、2回馬券内に入っているところが面白い。

その内の一頭は今回も出走するサブノクロヒョウだが、近走の勢いからは、マルカンセンサーを推したい。

単穴がジョーストリクトリ。この馬、面白いのが、JRAから全てのレースで成績が1着か5着以下かなのである。2.3着はおろか、4着も経験したことがない。3歳時は、人気薄ながらもNHKマイル、日本ダービーにも出走ができた馬。2走前でダートでもやれることを示した。思いっきりムラ駆けするなら、ピンは取れなくともここでまさか!があってもいいんじゃないかという希望的観測。 馬券は 三連単 ⑫-③⑦⇄③④⑦⑪⑬ 馬単③⑦→⑫ 計16点

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする