【NHKマイルカップ2020予想】無敗馬で勝負です!

中央競馬もガンガン予想しちゃうぜ週間。

前回は京都新聞杯を展望しましたが、今回は10日のメイン。第25回NHKマイルカップの展望を行っていきましょう。まぁ当たる気はしませんから、ここも私以外の予想を強く推して行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKマイルカップ2020予想

とこ穴

⦿⑨ラインベック
○⑰サトノインプレッサ
▲⑭ルフトシュトローム
△③レシステンシア
△②タイセイビジョン
△⑯ストーンリッジ
△⑧サクセッション

桜花賞、皐月賞は無敗馬が戴冠。今年の3歳GIは、どうやら無敗馬がキーワードらしいのですが、ここも2頭の無敗馬が参戦。タイトルの『無敗馬で勝負!』をみて、サトノかな?ルフトかな?と思った方は、まだまだとこ穴歴が浅い!w

本命は⑨ラインベック

無敗馬ちゃうやん!と思ったそこのあなた!あなたもまだまだとこ穴歴が浅いですよ!w

確かにラインベックは、ここまで6戦2勝ですから無敗馬でありません。

しかし!!

芝1600mでは2戦2勝。そうです!この距離なら無敗なんです!

母アパパネは言わずと知れた牝馬3冠の名牝ですが、全7勝中5勝が芝1600m。オークス、秋華賞は素質の違いで押し切れましたが、古馬になって挙げた唯一の勝ち鞍がヴィクトリアマイル。その時の2着馬がブエナビスタですから、これは高いマイル適性を示すものといっていいでしょう。全兄モクレレ、ジナンボーも良績は2000mまで。どう見積もっても血統的には1600~2000mということです。

そしてNHKマイルカップのもうひとつの特徴・・・というか印象ですが、超一流どころばかりが勝たない(GIに出ているだけでも一流なんですけどね)と言う傾向があります。

12年カレンブラックヒル=秋山真、13年マイネルホウホウ=柴田大、18年ケイアイノーテック=藤岡佑騎手はこれが初GI制覇(柴田大騎手は平地GI初)でしたし、その他をみても田中勝、三浦、柴山騎手などが連対しています。カタカナ騎手買いが成功する一戦ではないということですね。

その点、今回津村騎手というのはこのレースに傾向に限ればベストチョイス。GI制覇まであと少しのところまで来ていますから、イメージ的には藤岡佑騎手に近い感じ。ここで決めちゃう可能性も十分だと思います!

シトラス(@RMgj3aF8ArK1yBw)

◎⑧サクセッション
○②タイセイビジョン
▲③レシステンシア
☆⑭ルフトシュトローム
穴⑫ボンオムトゥック
△ギルテットミラー
×プリンスリターン
×ハーモニーマゼラン
×ソウルトレイン
×サトノインプレッサ
×ウイングレイテスト

【傾向】 短距離G1がないためスプリンターの目標もここになり、基本的には流れて差し決着。クラシック路線上位から適正理由こちらに来る馬の本気度は高く、軸はそこからいくのが例年はベター。その割りに紐荒れする事も多く、上手く引っかける、逆にワイド本線にするなど工夫があると○。

【馬場】 天気は概ね雨はないかなと 先週は土曜日は差せなくは無いが内前やや優勢。日曜になって一気に外差し馬場に。前日予想となるとなんとも言えませんが、とりあえずは差しが利くイメージで。

【展開】 逃げるのは恐らくレシステンシア。ハナでなくても競馬は出来るが溜めてもいい馬ではないので、これを叩く馬がいたところで、ペースはある程度流れるはず。レシステンシアに喧嘩を売りそうな馬が皆無、府中で捲る馬はそういないでしょうし、先行馬の隊列スンナリならレシステンシアに展開は向きそう。ある程度流れるならば力のある馬以外の先行馬は厳しいか。 穴なら実力過小評価もしくは外差しの方を狙いたい。

前フリが長くなりましたが、本命は⑧サクセッション

スプリングステークスは、スローを強引に捲り3着。NZTでハイペース展開と向かない中、ハーモニーマゼラン6着に比較的フラットな流れのジュニアカップで快勝。レースレベル的にもスプリング>NZTでしょうし、内容も強いとなれば素直に買いたい。

唯一大敗したデイリー杯はマーフィー騎手も認める早仕掛けでしたし、スプリングステークス含め乗り方は基本的にロンスパ性能を活かしたい感じ。そういった意味でも府中は合うはずで、名手横山典騎手であれば、馬場は良いとこを選んでくれそう。

対抗はタイセイビジョン

ギルテットミラーを物差しに見ても、サトノインプレッサよりはこちらか。アーリントンカップでは休み明けをもろともせず完勝。騎手無敗等の人気も被らずに、狙い澄ましたローテの馬は素直に買いたい。 鞍上も内枠の捌きに定評がありますので、単穴が潰れて普通の馬場ならここかなと。

単穴はレシステンシア

馬場が例年通り(先週土曜日位)なら本命でも良かった。 語るまでもなく阪神JFの内容は秀逸、府中は初コースですが、ダイワメジャー産駒の府中マイルで力を出せないとは考えにくい。懸念点は前述した馬場の他に、牝馬のレースレベルがあるか。

重馬場を激走した反動も気になるところで調整も終始軽め、本命には至らず。 しかしながらメジャーエンブレムに似た持続逃げ馬は力があれば舞台は向きますし、ハナからオークスはなかったはずで調整も軽めながら予定通りのはず。 基本的にはこの馬が力をある程度出せる前提で(ミドル~ややハイペースの持久力勝負)馬券を組みたい。

特注はルフトシュトローム

前走の内容は正直そんなに派手ではないが、恵まれた中では勝ちきれた。 魅力的な穴も多いが結局レーン騎手の分最後は前に行きそう。外差し勢最上位は人気だがここか。

穴ならでボンオムトゥック。アーリントンカップでは痛恨の出負け、外回して差を詰めての4着。勝ち馬はともかく、出負けしてなければ2着は確保出来ていたはず。血統的にもクロフネ×ダイワメジャーは府中マイルの鬼なはずで、適正面含めれば充分圏内。レシステンシアが案外ならば、ここが残り目を見せる可能性も。

以下は折り合い難も内枠、ミドルペースなら見直したいギルデッドミラー。前走ハイペースに付き合いすぎたプリンスリターン、展開恵まれたものの馬場が味方しそうなサトノインプレッサ。外差し展開に巻き込まれたハーモニーマゼラン、その流れを早仕掛けしたソウルトレインまで。

NHKは特に馬場見て調整していきたいですね! stayhomeで競馬を楽しみましょう!

B’zインティライミ(@ky020903251973)

◎④プリンスリターン

■3走前(G1朝日杯5着)
直線で不利がなければ実質2着くらいにはきていた。

■2走前(G3シンザン記念 2着)
2着でしたが、当時の京都芝は異常に時計が掛かっていたので、東京の高速馬場を想定するなら度外視できる。

■前走(G3アーリントン 3着)
超Hペースを前で残してるし、内伸び馬場だったので直線で外に出さなければもっと際どかったはず。勝ったタイセイビジョンは馬場がいい最内をつき進路での差が大きかった。

今回はレシステンシアがペースをつくると予想。前々で競馬できること、実力より過小評価されていることを考慮し馬券圏内は十分と見て穴ですが本命にします。

◯③レシステンシア

前走の桜花賞は叩き2走目、ガス抜き完了の絶好のタイミングもあり前走本命にしていました。馬場が悪い中2着に好走。しかしこの馬の本領発揮できる馬場は阪神JF1.32.7で走ってるように高速馬場。前半33.7、上がり35.2で後続に脚を溜めさせない競馬で完封。

東京競馬場の内の馬場は絶好の開幕2週目、当たった枠も最高の3番枠。スタートもいい馬でルメール騎手を配して逃げ切りを狙う。プリンスリターンと甲乙つけがたい。軸としてはこちらの方がいいかも。

▲②タイセイビジョン

前走のアーリントンC快勝。5戦3勝、そのうち上がり最速が4回。皐月賞のサリオスの競馬内容を考えても実力がこの中でも上位にあるのは間違いない。完全に差し競馬が板についてきており、枠も2番枠。内をそつなく回り差してこれれば馬券圏内。しかし今回はレシステンシアが前で流れをつくり、馬場も絶好の為得意の末脚が削がれる可能性もなきにしもあらずとみて単穴評価。

△⑭ルフトシュトローム

3戦3勝、全て上がり最速、堀厩舎、ノーザンファーム、レーン騎手。当然人気もする。しかし今回は早い上がりではなく、前々でいい脚を長く使える馬に向く展開と読んでいること、前哨戦のNZTの着順と本番のNHKマイルカップの着順が、あまりリンクしていない傾向があること(外差しが決まるようになった中山競馬場の芝状態と開幕2週目の東京競馬場の芝とでは求められるものが違う。)、東京1600mで有利とは言えない14番枠を考えると積極的には買いづらいがレーン騎手の腕とノーザンファームの仕上げを考慮して紐候補評価。

△⑰サトノインプレッサ

3戦3勝、全て上がり最速。しかしこの馬は1度も良馬場で走ったことがなく、枠も不利な17番枠。外を回らされる可能性も高く、内をつくならかなり下げなければならないことも想定される為かなり難しい競馬を強いられそうだが東京1600mは庭にしているディープインパクト産駒。混戦になったときの紐候補。

△⑥ギルデットミラー

前走アーリントンC2着。タイセイビジョンとは内外通った場所の差もあり、タイム差程差がないと考える。サトノインプレッサとタイム差なし、古くは成長途上の時にレシステンシアと好勝負していたマルターズディオサと0.3の勝負をしており、展開1つで馬券圏内はあると見て紐候補。枠の6番枠もレシステンシア、プリンスリターンが前に行くので位置も取りやすく競馬しやすいはず。

△⑧サクセッション

前走スプリングS3着。皐月賞3着のガロアクリークと0.3差。このメンバーなら枠もよく展開一つで食い込めないか。あくまでも混戦になった際の紐候補。

穴⑩ハーモニーマゼラン

穴ならこの馬と見ます。(本命馬が穴ですが汗)前走差しがきく中山の馬場で2番手からの競馬で勝ち馬から0.6差。1〜3着馬は全て差し馬だった展開も考慮すると、2週目の東京競馬場にかわり前々での粘り込みを期待。(穴をあけるなら後ろじゃなく前に行く馬!が自分のモットーです笑)

因みに前走ファルコンS組は軽視しました。前走1400m組は過去10年で0.2.0.35と不振。ローテとしてあまり好ましくないので。

なまチャンネル(@nama_channel)

本命は⑰サトノインプレッサ

ここまでデビュー3連勝で迎える大一番。前走の毎日杯でも出遅れながらもしっかりと勝利。欠点として小頭数でのレースしか行なっていない点もあるが、能力を考えて本命に推奨。

対抗は④プリンスリターン

前走のアーリントンCでは5人3着の結果ではあるが、レースを先行し、ペースを落とすことなく3着。また、注目したいのはデビューからコンビを組む原田騎手。出走馬18頭中、この馬だけが唯一の全レース同騎手。このポイントで対抗に推奨。

▲③レシステンシア
△⑨ラインベック
×①シャチ

単複⑰
馬連、ワイド④-⑰
3連複では⑰-④-①③⑨で。

リン(@INUUNIQ777

◎⑱ウイングレイテスト
◯②タイセイビジョン
▲⑰サトノインプレッサ
△③レシステンシア
△⑥ギルテッドミラー
△④プリンスリターン
△⑫ボンオムトゥック
△⑨ラインベック
△⑭ルフトシュトローム
×⑧サクセッション

今回ちょっと穴からということで、相手が節操なく手広くなってしまったのですが、馬券自体は30点以内で抑えようと思います。

本命ウイングレイテストは、前走4角出口で勝馬ルフトシュトロームに弾かれ、一瞬よれたものの、その後猛追し、三着を確保。 勝負根性は据わっています。 朝日杯終了後にファルコンS、NZトロフィー、そしてNHKマイルへのローテーションを発表したように、このレースへの照準度合いは相当なもの。 鞍上は現在関東リーディングの横山武史騎手。 4月26日の10.11.12Rの三連勝は圧巻でした。 先週もG2を制し、その勢いのままG1奪取なるか。大いに期待したいと思います。

単勝⑱
3連複⑱-②③⑰-②③④⑥⑧⑨⑫⑭⑰ 21点
ワイド ⑱-④⑥⑨⑫

J(@J242424242424)

タイセイビジョン

土曜日の馬場を考えると、ハナを取り切るであろう現在1番人気のレシステンシアを推したいところだが、ここは前走一叩きして上積みが大きいタイセイビジョンを本命に推す。

この馬の強みはなんといっても直線での強烈な末脚。今回2枠という好枠を引き当て枠にも恵まれた。道中我慢してイン溜めできれば持ち味の末脚を問題なく発揮できるだろう。

○レシステンシア

対抗には想定1番人気のレシステンシア。中途半端な逃げでは負けてしまうことがチューリップ賞でわかっているので、ここは最初から飛ばしてくることが考えられ、そこからの粘り込みを図るのではないだろうか。

巷では桜花賞を使っているからその反動が大きい、初輸送の影響で今回は消しというような意見が飛び交っているがその点はさほど問題ないと思う。調教タイムもいつもよりはよくないが、能力の高さで馬券内は堅いと睨む。

▲シャインガーネット

単穴にはシャインガーネット。追い切りの内容が非常によく、先行する馬を差す形での練習ができている点を高く評価。内枠の先行馬2頭を見ながらいい位置を取り、上手く立ち回れればこの馬にも逆転の目が出てくる。

他に前走の内容からプリンスリターン、調教内容から穴目でハーモニーマゼランとソウルトレインに注目したい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
オークスのトライアルばっちり指数的中!
無料で見れるなら押さえておくしかない!

今週は桜花賞に続きクラシック牝馬の第2冠目オークスですね!昨年は1、2着のラヴズオンリーユー、カレンブーケドールが桜花賞以外のトライアルレースから好走!しかもカレンブーケドールなんて12人気単勝100倍近い穴馬でしたね!今年もトライアル組に高配当の使者が潜んでいそうな予感です!そんなトライアルを指数を使ってバッチリ当ててるサイトがここにあり!

【4/26フローラS(G2)】
1着ウインマリリン(4人気指数6位)
2着ホウオウピースフル(2人気指数3位)
3着フアナ(5人気指数5位)
3連単710.9倍の高配当レースを指数上位で的中!!

【5/3スイートピーS(L)】
1着デゼル(1人気指数1位)
2着スマートリアン(5人気指数2位)
3着アカノニジュウイチ(4人気6位)
3連単212倍のこのレースも的中!

指数値30以下の馬は赤文字で特にオススメ馬として紹介されているのですが両レースともその値30位以下の馬で決まっています!!午前の6Rまで各競馬場の全頭指数が見れるのですが特別に今週はオークスも当日のお昼に北条ブログという無料コンテンツで全頭の指数が見れちゃうんです!
→注目のオークス含む指数を無料で見る!
無料なので見ておかない手はないですよ!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする