【東京湾カップ2020予想】注目は逃げるアマルインジャズ

スポンサーリンク

5月6日(水)船橋競馬11Rは、東京ダービーの前哨戦『東京湾カップ』。

いよいよ大目標が近づいてきました。マジコロナ、モウエエゾ。

今日もUMAJO予想があるのかないのか・・・お楽しみにw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京湾カップ2020予想

とこ穴

⦿②アマルインジャズ
○③マンガン
▲①デスティネ
△⑧ドテライヤツ
△⑪サンスクリット
△⑫エメリミット

まずこのレースは、逃げ馬に注目。11年①着ジャクソンライヒを皮切りに、14年①着サーモピレー、16年①着ディーズプリモ、17年③着サイバーエレキング、18年①着クレイジーアクセセルと、結構逃げ馬が残る傾向にあります。

今年は②アマルインジャズと⑪サンスクリットの2頭が逃げ候補ですが、枠の利と前半ラップの比較から、②アマルインジャズを本命視。

相手が上がるたびに着差を広げての3連勝はホンモノ。父ヴィットリオドーロですから、いかにも南関東向きのパワーと底力も感じます。スタートを決めて、最初のコーナーまでにハナが取れていればもう大丈夫。

安全策の馬連・3連複でいきたいですが、⑫エメリミットは常に鞍上不安が付きまとう馬。これが飛べば・・・も想定して、⑧ドテライヤツまではワイドも仕込みたいなと思います。

なまチャンネル(@nama_channel

本命は⑫エメリミット

5勝中3勝を挙げている船橋コースで巻き返しに期待。船橋1700mで勝ち星があるのも強み。 前走4着で終わっているが、いい競馬ができると信じて本命。

対抗は①デスティネ。

過去5走での1着入賞は前走のみとなるが、その前走が準重賞。 騎手もその時の森騎手になるので陣営の本気度を感じ、対抗として推奨。

馬券は単複⑫、馬連・ワイド①-⑫ 3連系では⑫-①-⑥⑦⑧(※マルチ推奨)。

リン(@INUUNIQ777

◎②アマルインジャズ
○⑪サンスクリット
▲⑩ヘブンリーキス
△③マンガン
△①デスティネ
×⑫エメリミット

本命はアマルインジャズ

3走前から走りに迷いが無くなった感じが見られ、私的な言葉で述べさせてもらうと、覚醒したかな、と。 3走のトータルタイム着差は3.2秒。加えて2月10日、4月2日の開催ではその日の古馬も含めた1500メートル最高タイムを出している。(3月10日の開催に関しては、アマルインジャズのレースの後、雨が更に降り、稍重から、重へと馬場が変わった為、時計では劣っている。)

矢野騎手、張田厩舎のタッグは、2016に一度、その後2019年からは15レース走って【9-2-0-4】。 騎乗数こそ多くないものの、勝率56.3%、連対率68.8%と、驚異的な数字を残している。 戦う相手も強化され、今まで走ってきたレースより1ハロン伸びるが、スピードの違いと終いのしぶとさで、1番にゴールを駆け抜けてくれると信じている。

対抗はサンスクリット。

前走は自分でペースを作り上げ、最後デスティネに差されこそしたが2着に残った。今回アマルインジャズの後ろでレースを進み、直線もある程度の粘り込みをはかれると予想し、2番手に。

逃げ残る2頭に、その日一番いい脚を使えた馬が突っ込んでくるというイメージで馬券を組み立てる。

単勝②
3連単②-⑪⇄①③⑩⑫ ②-①③⑩⑫-①③⑩⑫の計20点。あとは抑えの3連複②-①③⑩⑪⑫ 10点。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする