【東京プリンセス賞2020予想】1800m適性に注目!!

スポンサーリンク

おつかれさまです。とこ穴です。

ゴールデンウィーク直前と言うのに、今年はまったくそんな感じがありません。仕方がないですね・・・。でも競馬の日程はコロナ以前から決まっていましたから、今開催の大井はGW使用で土曜日まで競馬があります。

そして昨日はオプチャに幕を下ろしました。たくさんの方の生活の一部になっていたんだなと思うと嬉しく思います。でももうすでに次の段階へと進んでいます!歩みは止めないのです。

その第1弾として、今日の大井メイン「東京プリンセス賞」をUMAOやらUMAJOで予想していきたいと思います。

みんなで楽しく競馬予想してますよーって雰囲気が伝われば、そこからまた何かが生まれるかもしれませんからね。

では参りましょう。まずは当ブログの管理者でもある私からズバッと切り裂いてみせましょうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京プリンセス賞2020予想

とこ穴

⦿④テーオーブルベリー
○⑪アクアリーブル
▲⑧カラースキーム
△⑬レイチェルウーズ
△⑩ルイドフィーネ
△②ブロンディーヴァ
△⑨ミリミリ

昨日と同じ馬場状態。③着なら後方から差し込む馬にもチャンスがありますが、全体的にはやはり前が有利。ロスなく前で運べる馬に利がある馬場とみます。

メインまでに馬場も回復していくかもしれませんが、やはりここも前に行けるだろう馬と枠の並び。そして血統面の後押しもあるとみて、本命は④テーオーブルベリー

父カジノドライヴはあらゆるタイプを輩出しますが、産駒の大半は重馬場巧者。脚抜きのいい馬場(時計の出やすい馬場)への適性が非常に高いことでも知られています。

次に母系から受け継がれる豊富なスタミナにも注目。母テーオーディオネは、1戦0勝で引退しましたが、父はダート路線を席巻したヴァーミリアン。そして母父Valid Appealはマンノウォー系の種牡馬で、近親にステイヤーを多く輩出したリアルシャダイがいる血脈。母系はゴリゴリのスタミナ血統です。

⑬レイチェルはヘニーヒューズ産駒で距離延長、そして成長力にも疑問。⑧カラー、②ブロンも母系はスプリンターですし、1800mへの距離適性に疑問が残る馬ばかり。「鬼の森さん」状態の今なら、ここも強気の競馬で押し切ってくれるんじゃないかと思っています。

リン(@INUUNIQ777

本命は⑪アクアリーブル

桃花賞3着、ユングフラウ賞2着、桜花賞1着と順調にパフォーマンスを上げており、今回は前走より1ハロン伸びるが、母アスカリーブルは同レース勝ち馬であり、そしてそのまま関東オークスも制しているので問題ないだろう。

山本聡騎手の好騎乗もあったが、矢野騎手への乗り替わりは、大井ではプラスととらえる。 佐藤賢厩舎との相性は勝率17.6%。十分信頼に足る数字。 ここは単複で勝負したい。

りの(@lee_n__

今日は逃げ馬がよく残ってるけど、大井1800mは枠の有利不利がないコースだと思っているコースだし、差し馬でも大丈夫とみて、⑬番のレイチェルウーズに期待!

でも問題は馬体重。458キロでデビューして前走が444キロだからこれ以上減っちゃうと不安だけど、調教もちゃんとできてるみたいだし、たぶん大丈夫だとおもう!!物凄く減っちゃったら押さえ程度で!

相手は⑪アクアリーブル、④テーオーブルベリー、⑩ルイドフィーネ、②ブロンディーヴァの4頭で!◎の単複と、◎からワイド!

Miho(@mhpu03

◎は⑧カラースキーム

門別でも成績を残し、前走・前々走共に2着馬に1.2秒・0.8秒差と好走。本橋騎手との初コンビでも期待したいです!

◯は⑪アクアリーブル。桜花賞1着、矢野騎手騎乗で◯評価!

▲は⑨ミリミリ。こちらも門別出身馬! 大井1800でもまずまずの成績を残してるので1発に期待です!

※このあとまた追加していきます!!たぶん!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする