【弥生賞ディープインパクト記念2020予想】一変なんです!

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

今日の中山メインは、弥生賞。今年から「弥生賞ディープインパクト記念」と改称されましたが、それにしてもなんやねんこの名前・・・。安定のセンスの無さと胸を痛めております。。

さて昨年の弥生賞は、当ブログ史上上位ランクの反響。だってメイショウテンゲンが⦿でしたからね!しかも思いつき、数字だけ、馬名だけではなく、ちゃんーと見解も示してのものですから、これは気持ちが良かった!(記事はこちらをクリック)

今年も穴っぽいところが選べたらいいなぁと思いますが、どうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

────────────────
ギアを上げてきましたよ!!
毎日王冠無料予想的中!
3連複9点600円5400円
→10140円/回収率188%
前夜無料公開スクショ
有馬までココしかないです!
【春無料公開予想】
◎桜花賞 5600円→50360円
◎皐月賞 5600円→36600円
◎天皇賞 5000円→67500円
6~1350%実績(検証画像
◎Vマイル5200円→11840円
◎東京優駿5400円→14880円
前夜無料公開スクショ
◎安田記念4800円→6720円
前夜無料公開スクショ
────────────────
無料公開スケジュール 
◎府中牝馬S+秋華賞
◎富士S+菊花賞
◎アルテミスSorスワンS
+天皇賞秋

G1、土曜重賞無料公開!
こんなにいいんですかね?!
G1厳選買い目はコチラ
週末前夜は確実に見ておいてください!
────────────────

弥生賞2020予想

⦿⑤ブラックホール
○⑧ワーケア
▲⑦メイショウボサツ
△①サトノフラッグ
△⑩オーソリティ
△②エンデュミオン

本命は⑤ブラックホール

ホープフルSは、すんなりと位置が取れて勝ち馬を見ながら運ぶ『優等生の競馬』。しかしこれが良くなかった気がします。GIですから正攻法の競馬でというのは当然なんですが、しかしこの馬は未勝利→札幌2歳Sのような少し大味な競馬が合うのでしょう。お父さんのゴールドシップも破天荒タイプでしたからね。

今回はもう少し脚を溜めて動いていく競馬を示唆していますし、昨日のダノンスマッシュもそうですが、どうしても本番では足りないトライアルホースという馬が存在します。(ダノンは次で勝てるかもしれないですけど、個人的にはタワーに粉砕されるような気がしています)

牡馬にしては小柄で、どちらかと言えば叩いてからの方がいいタイプなんですが、今週の調教ではとにかく動きました。併走馬を2馬身追走から外をグルっと回っての4馬身先着。実戦を想定したいい調教ができたと思います。

対抗は⑧ワーケア。当たり年と言われるハーツクライ産駒で、前走のホープフルSはスタート後の接触がすべてでしょう。まぁそれでもコントレイル逆転は無理だったと思いますが、少なくとも②着のヴェルトライゼンデにはもっと肉薄できただろうなと。ここは楽な相手。

単穴に⑦番メイショウボサツ。中京芝2000mでレコード快勝。勝ち上がるのに時間は掛かりましたが、一戦ごとに常識にかかってきました。折り合いが難しく、終いに脚が使える馬ということで、いかに横山典騎手とも手が合う印象もあるので、一発あればコレかなと。

サトノフラッグは、唯一のディープインパクト産駒。新馬戦は⑥着と惨敗でしたが、折り返しの未勝利はレコードV。2歳で東京芝2000mを1分59秒5で走るんですから、続く1勝クラス楽勝は、ある意味当然ですよね。でも飛びが大きく、本質的には広いコース向き。ましてや今回は最内枠ですから、鞍上武豊でどれだけカバーできるかだと思います。

オーソリティは新馬戦でブラックホールに快勝。続く芙蓉Sも制し、暮れのホープフルSでこちらもワーケア同様、不利があっての⑤着。GI級かどうかは別にして、重賞級は間違いありませんが、個人的には少し小粒感が出てきたかなぁと言う気もします。昨日初勝利を挙げたヒューイットソン騎手ですが、うーん・・・どうなんだろw

大穴なら②エンデュミオン。父ヴィクトワールピサ、祖父ネオユニヴァースはともに中山でGI勝ち。そして母父ブライアンズタイムは、皐月賞馬ディーマジェスティを送っていますから、中山2000mがベストの血筋。昨年の弥生賞でも血統がひとつのポイントとなりましたから、この馬も軽くは扱えません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする