【エンプレス杯2020予想】初ダートが刺激!パッシングスルーに⦿

とこ穴です。

何日経っても『無観客競馬』に慣れないですねぇ。パドックの映像を見るたびに「今日も人いないなぁ~・・・。」なんて思ってしまいます。クソコロナめ・・・なんて言っても仕方がないですね。とにかく競馬が中止にならない現状を素直に喜び、馬と人に感謝して楽しむことがベストなのかなとも思います。

さて今日の川崎競馬メインは『エンプレス杯』。

前2年②①着のプリンシアコメータを筆頭に、アンデスクイーン、ラインカリーナとお馴染みの顔ぶれ。対する南関勢はクレイジーアクセル、サンルイビル、そして前走鮮やかに復活の逃走劇を決めたサルサディオーネ。なかなか面白い顔ぶれになったと思います。

では早速、印のほうへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンプレス杯2020予想

⦿⑤番パッシングスルー
○③番プリンシアコメータ
▲⑦番アンデスクイーン
△⑩番ラインカリーナ
△①番サンルイビル
△⑫番トーセンガーネット

本命は⑤番パッシングスルー

ここまで大きく崩れたのは、秋華賞⑩着と前走の愛知杯⑦着の2戦だけ。秋華賞は大外枠で位置を取るまでに脚を使わされましたし、愛知杯は開幕週でも足を取られる馬場。道中のロスも大きく、どちらとも敗因がはっきりしています。

紫苑Sの勝ちっぷりが良かったですし、京都記念ワンツーなど4歳牝馬はとにかく層が厚いですからね。この馬もトップグループ手前ぐらいには位置しています。

今回は初ダートとなりますが、母マイティースルーはクロフネ産駒で関東オークス④着と適性は見せていました。前走のような滑る馬場はダメですが、本質的にパワー型。ルーラー産駒らしいがっちりタイプですし、ダートが合わないとは思えません。『川崎=クロフネ』の方程式も後押しとなります。

ここは②番クレイジーアクセル、⑨番シークレットアリア、⑪番サルサディオーネの逃げ争い。隊列が決まればペースは落ち着くかもしれませんが、少なくとも平均より遅いことはないはず。狙いは好位でチャンスを待てる馬ということになります。

相手は順当に中央勢ですが、かなり前が流れてしまった場合。その時はズブズブの差し決着になる可能性もあります。となると、①番サンルイビル、⑫番トーセンガーネットの突っ込みに警戒。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
先週&直近重賞大爆発◎
うまとみらいとの「コラボ指数」


人気コンテンツ「コラボ指数」
様々な条件から好走期待馬を指数で示す。
─────────────────────
先週は「阪神大賞典/スプリングS(G2)」ダブル開催。
コラボ指数はなんと両重賞的中




(左)スプリングS(G2)【指数】26→10→11
【順位】6位→1位→2位/3連単37,220円
(右)阪神大賞典(G2)【指数】9→24→19
【順位】2位→6位→4位/3連単40,140円

─────────────────────
▼コラボ指数は毎週メイン1鞍で各会場前半1~6R無料配信◎
条件戦でも多数的中が見られました↓↓
★3/22(日)



★3/20(金)・3/21(土)



3/21(土)中山4Rでは、好走期待馬のみの決着で3連単18万馬券獲得◎
その他万馬券多数で先週の好調さを伺えます。
─────────────────────
▼その他直近の重賞成績をまとめました。



ご覧の通り、直近5重賞で指数30以下の好走期待馬で決着!
ここは指数の30以下の期待馬をその通り買えば的中なので簡単ですよね!
阪急杯(G3)は3連単4→1→1位で25→10→10の決着!
3連単40,190円的中で大爆発です。
─────────────────────
今週は「高松宮記念(G1)」週。
近年高松宮記念は荒れる傾向にあります。昨年は400万馬券も出現したほど。
ここのコラボ指数は穴馬も平気で指数上位推奨するので注目です!

無料で登録すればメイン1鞍と各会場前半1〜6Rをしっかり受け取れる。
こんなにお得なサイトはここだけです!
無料でコラボ指数を参考にする!
このコンテンツ以外にも豊富な無料コンテンツあり。
利用者10万人のコラボ指数が味わえるのはここだけ!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする