【エンプレス杯2020予想】初ダートが刺激!パッシングスルーに⦿

スポンサーリンク

とこ穴です。

何日経っても『無観客競馬』に慣れないですねぇ。パドックの映像を見るたびに「今日も人いないなぁ~・・・。」なんて思ってしまいます。クソコロナめ・・・なんて言っても仕方がないですね。とにかく競馬が中止にならない現状を素直に喜び、馬と人に感謝して楽しむことがベストなのかなとも思います。

さて今日の川崎競馬メインは『エンプレス杯』。

前2年②①着のプリンシアコメータを筆頭に、アンデスクイーン、ラインカリーナとお馴染みの顔ぶれ。対する南関勢はクレイジーアクセル、サンルイビル、そして前走鮮やかに復活の逃走劇を決めたサルサディオーネ。なかなか面白い顔ぶれになったと思います。

では早速、印のほうへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンプレス杯2020予想

⦿⑤番パッシングスルー
○③番プリンシアコメータ
▲⑦番アンデスクイーン
△⑩番ラインカリーナ
△①番サンルイビル
△⑫番トーセンガーネット

本命は⑤番パッシングスルー

ここまで大きく崩れたのは、秋華賞⑩着と前走の愛知杯⑦着の2戦だけ。秋華賞は大外枠で位置を取るまでに脚を使わされましたし、愛知杯は開幕週でも足を取られる馬場。道中のロスも大きく、どちらとも敗因がはっきりしています。

紫苑Sの勝ちっぷりが良かったですし、京都記念ワンツーなど4歳牝馬はとにかく層が厚いですからね。この馬もトップグループ手前ぐらいには位置しています。

今回は初ダートとなりますが、母マイティースルーはクロフネ産駒で関東オークス④着と適性は見せていました。前走のような滑る馬場はダメですが、本質的にパワー型。ルーラー産駒らしいがっちりタイプですし、ダートが合わないとは思えません。『川崎=クロフネ』の方程式も後押しとなります。

ここは②番クレイジーアクセル、⑨番シークレットアリア、⑪番サルサディオーネの逃げ争い。隊列が決まればペースは落ち着くかもしれませんが、少なくとも平均より遅いことはないはず。狙いは好位でチャンスを待てる馬ということになります。

相手は順当に中央勢ですが、かなり前が流れてしまった場合。その時はズブズブの差し決着になる可能性もあります。となると、①番サンルイビル、⑫番トーセンガーネットの突っ込みに警戒。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする