【フジノウェーブ記念2020予想】狙いは距離短縮にアリ!?

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

今日の大井競馬場メインは、第11回フジノウェーブ記念。

今年もフルゲート16頭が参戦。前日オッズをみてみると、目下2連勝と勢いに乗るキャンドルグラスが2.4倍で1番人気。とはいえ、抜けた感もありませんから、波乱も十分あるんじゃないかなと。

そこである点に注目してみました。

今回のメンバーをみてビビッときたのは、「距離短縮組に変わり身があるんじゃないか?」ということ。ここはその点を踏まえつつ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フジノウェーブ記念2020予想

⦿⑥番ヒガシウィルウィン
○④番リコーワルサー
▲⑨番ドリームドルチェ
△⑬番グレンツェント
△⑩番マイネルバサラ
△⑦番サブノジュニア
△⑤番キャンドルグラス

本命は⑥番ヒガシウィルウィン

実績は断然ですが、近走はあとワンパンチが・・・という競馬ばかり。しかし前2走は直線まえ手応えが残っていましたから、これはいかにも距離が長かったという負け方。道中も少し掛かる面がありますからね。

父サウスヴィグラスとはいえ、東京ダービー、ジャパンダートダービー勝ちもあり、主戦場はマイル~中距離でしたが、そろそろ本来の適性が出始めてきたのかなと思います。

1400mは初めてとなりますが、この距離短縮は大歓迎。鞍上に吉原騎手なら手変わりも不安はありません。ヴェールを脱ぐときがきました。

○④番リコーワルサー、▲⑨番ドリームドルチェ、△⑬番グレンツェント、△⑩番マイネルバサラまでが前走からの距離短縮組。いずれも1400mになって大きく変わってきそうな気配があります。

あと、印は回せませんでしたが、③番トロヴァオもチャンス十分。鞍上に藤田凌騎手を配してきましたから、ここは師弟コンビでの挑戦にもなります。要注目。

馬券は⑥番ヒガシウィルウィンの単複と、印へ馬連流し。あと①⑤⑥⑦⑯番のサウスヴィウラスBOXも追加します。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020