【フェブラリーS2020予想】穴馬の風味を嗅ぎつけました

スポンサーリンク

とこ穴です。

2月23日(日)東京競馬場で行われるのは、GI第1弾となるフェブラリーステークス。

連覇を狙うインティに、初ダートの根岸Sを快勝したモズアスコットが人気の中心となりそうですが、東京1600m無敗のアルクトスや、南部杯勝ちのサンライズノヴァなどチャンスのある馬ばかり。そし今年は南関東から、ノンコノユメ・モジアナフレイバー・ミューチャリーと3頭の地方馬も参戦。コパノキッキング=藤田菜七子騎手の初GI挑戦という話題に沸いた昨年とは少し雰囲気が違いますが、やっぱりGIはワクワクしますね。

さて普段はあまり積極的に中央競馬の予想記事を更新しない(本職なのに)のですが、今年は南関東から3頭が挑戦しますし、その中に大好きな馬がいるのなら、更新しないワケにはいきません。なので、今回の記事は予想というよりも、とこ穴さんの感情が9割を占めていると思ってください。アツイ思いだけでございます。

では早速参りましょう。印はこんな感じ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェブラリーステークス2020予想

⦿⑪番モジアナフレイバー
○⑤番インティ
▲②番アルクトス
△⑨番サンライズノヴァ
△⑦番ヴェンジェンス
△⑫番モズアスコット

本命は⑪番モジアナフレイバー

フェブラリーステークスの地方馬と言えば、1999年①着メイセイオペラ(岩手)ですよね。当時はとにかく衝撃で、新時代の幕開けみたいなものを感じさせてくれましたが、その後は2002年トーシンブリザード、2011年フリオーソの②着が最高着順。

やはりそう簡単には勝たせてはくれませんが、しかしモジアナフレイバーなら、その閉まりかけた扉を開けてくれそうな気がしているんです。

そう思わせてくれたのが、昨秋の南部杯④着。当時の盛岡は内~真ん中が伸びる馬場でしたが、この馬が通ったのは一番外。最後は力尽きてしまいましたが、王者ゴールドドリームとは0秒1差しかありませんでしたし、中央馬相手でも互角に戦えることを示してくれました。

そして東京大賞典ではゴールドドリームに先着しての③着。この馬にとって2000mはベスト距離とは言い難いですから、これは個人的には負けて強しの競馬。南部杯からさらに力をつけたと同時に、1600mなら・・・。そう思うのも当然でしょう。

勝負所から外を追い上げるこの馬の競馬は、正直東京1600mでは御法度とも言える形ですが、今年はかなり前が緩くなりそうな顔ぶれ。内枠を引いたインティがハナを切れば、ペースはスロー~平均ですから、直線一気では間に合いません。強気に動く繁田騎手にハマる流れとも言えます。

少し間隔はあきましたが、7日に78.2-63.0-49.0-36.3-11.3(馬なり)と速い時計を出し、本追切となる16日が、75.5-60.5-47.1-35.3-11.6(強め)。いずれもラストは11秒台で、全体時計も優秀。これだけ負荷をかけてこの時計で動けていれば、仕上がりに関してはまったく問題ありません。

真ん中外目の枠も包まれる心配がないですし、ここは完全燃焼が期待できる一戦。最後の直線は大興奮するだろうなぁ・・・。

以下、インティ、アルクトスですが、このへんはおそらく皆さんの方が詳しいと思うので、割愛させていただきますw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする