【東京新聞杯2020予想】ダンシングブレーヴの血が騒ぐレッドヴェイロン

スポンサーリンク

とこ穴です。

今日の東京競馬メインは、東京新聞杯。個人的な思い出を挙げれば、96年トロットサンダー、97年ベストタイアップ、01年チェックメイト、05年ハットトリックあたりですが、実はこれらには、ある共通点があります。さてそれは何でしょうか。

わっかるっかな~

わっかるかな~

さてさて

ふっふ~♪

・・・

・・・・

ぶぶっー!!

時間切れー!!!

答えはですね・・・。

『末脚』

なんですね。すえあし。まっきゃくじゃないですよ。

東京の長い直線を使っての差し脚勝負となりやすく、瞬発力のある馬、末脚がスゲー馬が上位に来やすい傾向なんですよね。(まぁ過去5年で2勝が逃げ馬ということには触れないように)

そして末脚がスゲー血統というものもありまして、これはよくツイートなんかもしていますが、それが『母父ダンシングブレーヴ』配合馬。

さすがにもう直仔はいませんから、母父でその影響力を伝えているわけですが、この配合で一番の切れ者と言えば、やはりスイープトウショウ。あとサンライズマックス、トライアンフマーチ、サトノルパンなんかも非常にいい瞬発力を持っていましたよね。

現役馬では、今回の本命馬でもある⑨番レッドヴェイロン。あとは高知のアルネゴーと、今日の東京5Rの1600mに出走するグランエクセレントなんかもいいですよ。かなり切れます。

そしてこのダンシングブレーヴの血と、東京新聞杯が非常に密接な関係にあるんですよね。そのあたりは先日ツイートしたので、掘って掘って探してくださいw

ということで、ようやくここから予想。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京新聞杯2020予想

⦿⑨番レッドヴェイロン
○②番ヴァンドギャルド
▲⑦番ケイデンスコール
△⑮番ケイアイノーテック
△⑬番クリノガウディー
△⑫番シャドウディーヴァ

本命は⑨番レッドヴェイロン

兄クラレントは、東京芝1600mで東京新聞杯・富士S勝ち。NHKマイル・安田記念③着と実績も残しました。レッドアリオンも富士S③着、姉レッドアヴァンセはヴィクトリアマイル・富士S③着。そしてひとつ上の姉レッドオルガは、昨年の東京新聞杯②着で富士S③着。とにかく東京マイルでむちゃんこ走る血統ということです。

この馬もNHKマイルCでタイム差なしの③着を含め、【2-1-1-0】。4走前の鷹巣山特別では上がり33秒2、そして2走前の紅葉Sでも上がり33秒3という強烈な瞬発力を披露。前走のキャピタルSでは渋った馬場が堪えた印象でしたが、それでも②着を確保しました。

GI馬がまだ出てこないとはいえ、母エリモピクシーはもう名牝の域に達していますし、この馬は今ままでの兄弟の中で一番のスケールを感じさせますから、もしかして・・・とも。軸はこの馬で堅いとみました。

相手は②番ヴァンドギャルドが筆頭格ですが、妙味は⑦番ケイデンスコールと⑮番ケイアイノーテック。前者はNHKマイルC②着で、後者は勝ち馬。この舞台の適性があります。あとは⑫番シャドウディーヴァ。18年の勝ち馬リスグラシューと同じハーツクライ産駒。準オープンを一発回答で決めた前走を見ると、この馬もかなりの力を感じさせます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020