【大井競馬・金盃2020予想】ここは血統にこだわります。

スポンサーリンク

とこ穴です。

今日の大井競馬メインは、ダート2600mで行われる金盃。

ひと昔前まではダート長距離と言えば、3000mで行われていた東京大賞典。道中の駆け引き、最後の直線ではバテ合いの死闘。そんなイメージが強くて、とにかく馬券はもちろんですが、それ以外でも力が入った一戦だったなぁと記憶しています。

最近の競馬は折り合い重視ですから、最後バテバテの競馬というのは少なくなりましたが、それでも2600mを走り切るのはやはり過酷。今日はいつも以上に、人馬へのリスペクトを忘れないようにしましょう。

さて。とこ穴さんは結構『血統派』ということは、マニアの方には十分伝わっていると思いますが、だからと言って馬券がよく当たるわけでもないことも十分伝わっていると思います。

しかし2600mと特異な舞台だけに、やはり血統を持ち出してきたくなるのは仕方がないこと。なので今回は血統にこだわって予想を組み立てていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

金盃2020予想

⦿⑪番トーセンブル
○⑫番センチュリオン
▲⑧番サノサマー
△⑥番スギノグローアップ
△①番カンムル
△④番ストライクイーグル

本命は⑪番トーセンブル

すでにこの距離③着もある長距離型ですが、前走の金盃トライアル(2400m)は、1400~1600mを使ってきての一気の距離延長でしたが、②着サブノクロヒョウが完全に勝ちパターンに持ち込んだところを差し切るという、実に強い競馬。

父トーセンブライトは、長距離砲ブライアンズタイムの直仔で交流重賞を総ナメにした名馬。1400~1700mのイメージが強かったんですが、成績を見てみると2000mの重賞も制しているんですよね。スタミナは十分。

そして母系にも注目。母父トーセンダンスは、エアダブリン・ダンスインザダークの弟で、代表産駒が菊花賞③着のユウキソルジャーというスタミナ型。母トーセンクラッチの兄トーセンジョーカーは、芝2000~2500mで3勝を挙げ、その後障害で3勝。中山大障害にも駒を進めました。

このようにトーセンブルは、父母両系から脈々とスタミナが受け継がれいて、この距離はピッタリ!!ということなんですね。なのでここは自信の本命です!

○⑫番センチュリオンも、母父ホワイトマズルがいかにもスタミナを増強してくれそうですし、昨日のレディスヴィクトリーラウンドで勝利を挙げたミシェル騎手への期待感もあります。

▲⑧番サノサマーは、母父ブライアンズタイムも魅力ですが、実はもうひとつ。父サマーバードにも魅力を感じるんですよね。サマーバード産駒は芝でもダートでも長距離戦に強く、記憶に新しいところでは、日経新春杯11番人気③着のエーティーラッセン。穴駆け傾向にある点にも注意したいですね。なので①番カンムルも無視しちゃダメ。⑥番スギノグローアップも母父ブライアンズタイムだからマーク。

問題は④番ストライクイーグルですよね。実績がすでに適性を証明しているわけですが、父はスプリンターのキンシャサノキセキ。父と異なるタイプというのが、大物の証明とも言われますが、突然破綻することも珍しくないですから、常に自信アリ!と推せないところなんですよね・・・。なのでここでは△止まりとします。

馬券は⑪番の単複と、⑪番からの馬連流しとなりますが、幸いにも⦿○が6枠同居ですから、枠連流しもありですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする