【梅桜賞2020予想】東海地区は園田勢と決まっているんです

お疲れさまです。とこ穴です。

笠松、名古屋競馬はあまり詳しくはないんですが、重賞だけはチェックしていますから、たぶん勝負になるのかなということで、『梅桜賞』の予想をしたいと思います。

今年で7回目と歴史は浅いですが、過去の勝ち馬にトーコーヴィーナス、ヤマミダンス、サムライドライブと錚々たる顔ぶれ。注目の一戦でしょう。

そして過去7年の勝ち馬を所属別に分けると、園田3勝、名古屋2勝、金沢1勝となっており、笠松勢の優勝歴はありません。

1月の笠松交流では園田勢が圧倒しましたが、名古屋に移ってもその流れに止まらない。そんな感じがします。ここも園田勢から入るべきでしょう。園田おじさんにとっては、たまらんレース。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅桜賞2020予想

⦿⑥番メディエイコ
○⑤番エムエムオープン
▲③番ビックバレリーナ
△②番ネイチャーアモーレ
△⑪番ジェネラルエリア
△①番ニュータウンガール

本命は⑥番メディエイコ

前走はスタートこそ速くはなかったものの、二の脚が抜群。すんなりとハナを切れたまでは良かったんですが、勝ったマジカルフェイスにピッタリとマークされる苦しい競馬。それでも最後併せ馬の形になってから、差し返す格好も見せました。

トーコーヴィーナス、モズキンボシなど過去の先輩馬と比較すると、実績・キャリアでは劣りますが、前に行ける強みは大きいとみます。父トランセンドですから、1700→1800mへの距離延長も当然プラス。前走より調教の負荷を強めることができた点も見逃せませんね。

鞍上の山田騎手は、初重賞制覇が笠松のゴールドジュニア(オオエフォーチュン)。次は名古屋で重賞勝ちを飾って、東海地区制覇ですね。

相手は地元・名古屋勢ですが、やはり②番ネイチャーアモーレも無視してはいけません。姫路で勝ち星量産中の大山騎手がこちらを選んだ?のなら、なおさらでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

京ー過去3年相性OK
都ー3重賞1位馬好走
記ー先週きさらぎ賞
念ー3連単5万↑獲得!
━━━━━━━━━━
ちゃーんと調べた中、京都記念はここです。
指数との相性が週末3重賞とバッチシ
19年京都記念  指数5→1→2位 3連単17,060円
18年京都記念  指数7→2→1位 3連単16,450円
17年京都記念  指数3→4→1位 3連単16,070円
他重賞との相性も指数1位2位バッチシ!
こんな感じで日曜お昼に赤枠内に順位と数値が入ります。

━━━━━━━━━
19年クイーンC 指数2→1→8位
19年共同通信杯 指数4→1→2位
指数1位2位は確定ライン!!
20年きさらぎ賞 指数5→3→1位 3連単53,680円
━━━━━━━━━
→京都記念・共同通信杯・クイーン指数1位馬をチェック
◎3重賞の指数1位馬 ◎京都記念全指数 ◎週末36鞍→全て無料
無料メール登録で見れるのでガチ今週おすすめ!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする