【中山金杯2020予想】たぶん冬場も走るトリオンフに⦿

スポンサーリンク

今更ですが、明けましておめでとうございます。

大晦日、元旦とも地方競馬に全力投球していたので、明けましても何もないんですが、中央競馬は5日が競馬元旦。お馴染みの東西金杯で今年もスタートします。

昨年末から中央競馬にもできるだけ力を入れてきましたが(何回も言いますが、こちらが本職)、まだまだ大きな当たりに繋がっていないのが現状。ここは一発かましたいなと思います。

では早速まいりましょう。特にデータ、傾向もないので印へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中山金杯2020予想

⦿⑦番トリオンフ
○③番クレッシェンドラヴ
▲⑤番レッドローゼス
△⑪番アンノートル
△⑮番カデナ
△⑯番マイネルサーパス
△⑧番ウインイクシード

本命は⑦番トリオンフ

前走は屈腱炎で1年4ヶ月ぶりの実戦。いくらスローで逃げられたとはいえ、さすがにひと叩きが常識の一戦。②着に粘り込んだのは、やはり力があればこそでしょう。

ここまで積み上げた重賞勝利は、小倉大賞典と小倉記念の2つ。季節関係なく走っていますが、もしかするとこの馬は冬場の方がが強いんじゃないかと思うんですよね。

その裏付けとなるのが、母系。

母メジロトンキニーズは、ダンスインザダーク産駒らしく長距離戦で活躍。ダイヤモンドS(3400m)②着、ステイヤーズS(3600m)⑤着と牝馬離れしたスタミナを武器に、牡馬相手と好勝負を演じました。

そしてこの2戦ともに冬場のレース。初勝利も12月の中山でしたし、とにかく冬場に強いという印象があったんですよね。(余談ですが、ダイヤモンドSでマッキーマックスとの馬連3030円を1点で的中させ、意気揚々と翌日パチ屋に突撃。そして4号機北斗でマイナス10万の逆昇天を決められました)

トリオンフを初めて強いと思ったのも、エアウィンザーを子ども扱いにした1月の寿Sでしたし、小倉記念は少し相手に恵まれた面もあったと思えば、この馬も実は冬場の方が強いんじゃないかという説が成り立・・・たせますw

鞍上の三浦騎手も年間100勝を達成し、今年は関東を代表、牽引していく存在。初GI制覇も待たれていますから、まずは年初の重賞で好スタートを決めたいところでしょう。

母父ダンスインザダークの後押しとかもあっちゃったりするかもですし、2020年1発目はこの馬で勝負します!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサーリンク
無料で見れた予想唯一的中!!
函館2歳S・回収率295%
土曜は特にいい感じですね。
━━━━━━━━━━━━━━
【7月17日・無料予想】
■函館1R 2歳未勝利
馬単8→6◎的中
配当:8,800円(1点1,000円)
■函館11R 函館2歳S
馬単11→6◎的中
配当:35,400円(1点1,000円)
※券種間違いはご愛敬
合計額:44,200円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
函館2歳Sはグランデも入れてました~!
4頭立てで10人気選んでるのは驚異ですね!
今週末は越後ステークス注目&無料公開
→越後ステークス無料予想
前日夜買い目公開なのでお見逃しなく♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする