【ホープフルステークス2019予想】機動力が生きる⑬番ラインベックに注目

スポンサーリンク

とこ穴です。

いよいよ、本年最後の中央GI・ホープフルステークスです。

GI昇格後3年目。昨年の勝ち馬は翌春の皐月賞を制し、有馬記念でも②着と好走したサートゥルナーリア。今年もクラシックを見据えて有力馬が歩を進めてきました。楽しみですね。

目移りするメンバーですから、予想が二転三転。最強競馬ブログ、競馬民では⑦番ワーケアを本命にしましたが、最終予想となるブログで順位が変わってしまいました。

昨年のホープフルステークスは、1000m通過62秒5の超スロー。瞬発力に長けたサートゥルナーリアにとっては、持ち味を最大限に生かせる一戦でした。

そして今年もおそらくスローペース。素質や完成度も重要ですが、最も求められるのは機動力。センスの良さ。そんなところでしょう。

そこで白羽の矢を立てたのが、⑬番ラインベック

前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、コントレイルにぶっちぎられてしまったわけですが、この馬は一瞬の脚で勝負するタイプ。直線の長い東京コースは、あまり合わない印象を受けました。

新馬→中京2歳Sとも、上がりはメンバー最速。スローからの瞬発力勝負でこそ持ち味が生きるタイプでもあります。今回は条件ベスト。

相手は印通りに。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク