【勝島王冠2019予想】今年は打ち抜く⑦番リコーワルサー

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

今日の大井競馬メインは「勝島王冠」。

注目は何といっても③番モジアナフレイバーでしょう。帝王賞⑤着、南部杯④着と強豪JRA相手に遜色ない競馬。これからの地方競馬を牽引していく立場となることは間違いなく、暮れの大一番に向けてここは落とせない一戦となりそうです。

しかしここはメンバーがかなり強力。移籍緒戦のマイルグランプリ②着と力を示した④番グレンツェント。レパードS・東海Sと1800mのダート重賞2勝の底力。6歳ならまだまだ老け込む年齢でもないですし、今回はベストの距離。後退はないとみても。

その他にもノンコノユメ、サウンドトゥルー、ドリームドルチェ、バルダッサーレ・・・。とにかく切り口ひとつでどこからでも入れる一戦ですから、ならば少しでも人気のないところをということで、本命は⑦番リコーワルサー

昨年の③着馬ですが、ここがミソ。実は勝島王冠は、リピーターレースでもあるんですね。カキツバタロイヤル、カリバーン、ムサシキングオー。1600mでは短くて2000mでは長いというタイプですね、いずれも。

リコーワルサーはここまで1400mで3勝、1500mで1勝を挙げていますが、実は1800mが長いということはなく【0-1-1-0】。その内訳は羽田盃②着と昨年の勝島王冠③着ですから内容が濃く、芝の1800mでも見せ場を作りました。

前走の富士Sは明らかに距離不足でしたから、ここへ向けての叩き台と割り切っていい一戦。五十嵐冬樹騎手も随所に好プレーが見えますし、手変わりは問題となりません。今年は打ち抜くシーンまであってもとも思いますが、少なくとも③着内は取れるとみています。

⦿⑦番リコーワルサー
〇③番モジアナフレイバー
▲④番グレンツェント
△⑬番ノンコノユメ
△⑨番バルダッサーレ
△ドリームドルチェ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク