【ステイヤーズS2019予想】サドラーズウェルズの血が騒ぎます

とこ穴です。

いよいよ師走。1年は本当に早いです。

そして先日twitterで下図にようなアンケートをとりましたが

幅広く回答を頂きまして、ありがとうございました。

意外?にも③番が一番多かったのはナゾ中のナゾですが、やはり④番もそれなりの数がありました。とこ穴さんの中央競馬熱の低さが知れ渡っているようですね・・・。

外厩調整が主流となり、育成牧場関係者が我が物顔で取材に応え、挙句の果てには公にローテにまで口を挟む始末。パワーバランスは大きく崩れて、調教師はほぼ名義貸し状態。

騎手も一昔前なら「様付け」で崇められていたような騎手でさえ、一度結果が出なかっただけですぐさまカタカナ騎手へ乗り替わり、一極化の波は留まるところを知らず、GIであろうとも半数以上が同じ馬主か同じ生産者。

馬券検討の重要なファクターである「血統」でさえも、ベストトゥベストの配合の前ではニックスもクロスもへったくれもなし。今の中央競馬を予想する上で最も重要となっているのが、騎手や血統ではなく、馬主名・生産者名では楽しいはずがないんです。

自分でも斜めに捉えてるなとは思います。中央競馬編集に従事しておきながら、ここまでネガティブな意見しか言えないのか!って言われると返す言葉もありませんが、名前を伏せて偽名でブログを書いているんですから、本音を言ってもいいのかなと。

でもすべてを否定しているわけではなく、デットーリ騎手とか見るとワクワクしますし、日本を出ないとお目にかかれないような一流馬を見る機会も増えました。こんなことは一昔前までなら想像だにできなかったことですから、ギャンブルというよりはスポーツとして見てしまっているのかもしれません。見るのは楽しいですからね。だから馬券は地方、中央は見るだけということになっちゃってるんですよね。

でもアンケートの結果、フォロワーさんは中央の予想もして!と言ってくださるわけで。ならばその声に応えることが筋だろうと思うわけです。なので今週から中央競馬もビッシリと予想することにしました。(当たらなくても怒らないでねw)

と前置きが長くなりましたが、では参りましょう。ようやくここからが本題です。

今週から舞台は、中山・阪神・中京の3場開催。

中山ではステイヤーズSが行われ、阪神ではチャレンジカップ。そして中京ではGI・チャンピオンズカップが行われます。当然ブログでも全部カバーしていきたいと思います。まずはステイヤーズSから行きます。

ツイートもしていましたが、ステイヤーズSは「サドラーズウェルズ」の血が爆発する傾向にあります。そして鳴り物入りで日本に輸入されたものの、スピード競馬に対応できずに埋もれてしまった種牡馬の血を引く馬が活躍する一戦でもあります。

まずはサドラーズウェルズですが、過去25年の上位3頭の血統表を広げてみると、遡って3代までにサドラーの名前が出てくるのは

・1995年③着シグナルライト(父フレンチグローリー→父サドラー)

・1996年①着サージュウェルズ(父サドラーズウェルズ)

・1999年②着テイエムオペラオー(父オペラハウス→サドラー)

・2000年/2002年①着ホットシークレット(父ハンティングホーク→父サドラー)

・2005年②着エルノヴァ(母父サドラー)

・2007年③着アドマイヤモナーク(父ドリームウェル→父サドラー)

・2010年②着ジャミール(母父サドラー)

ざっとこれぐらい。たぶん。

そしてサドラーズウェルズの全弟フェアリーキングの産駒エリシオの血を引く馬が2010年①着コスモヘレノスと、12・14・16年②着ファタモルガーナ。

日本では明らかに失敗だったサドラーですが、このレースに限って言えば抜群の強さを示していると言えるでしょう。(まぁニジンスキー系が走ると言ってしまえばそれまでなんだけど)

その他にもラムタラやドクターデヴィアス、リナミクスなど普段はお目にかかれない名前が出てきたり、あと母系にノーザンテースト持ちの好走馬も目立ちますね。

ダラダラと来てしまいましたが、結論を言えばサドラー持ちと(できれば)母系にノーザンテースト持ちの馬。あとはちょっと聞いたことねぇぞ?って名前が見える馬を狙えば取れる一戦なんです。疲れた。

で本命はもう言う必要もなさそうですが、⑥番メイショウテンゲン

根拠はツイートを参照ですw

ロングスパートで決めた弥生賞を見ても、この馬の持ち味は持久力。ディープ産駒ながら切れ味がないという点では、ファタモルガーナと似たタイプかもしれません。11→12着と復帰後2戦は物足りませんが、ここはおそらくベスト舞台。ガラッと変わりそうな気配。

対抗は③番サンシロウ

母父ラムタラですから、このレース向きの異系血統。2階級飛び越えての挑戦となりますが、元々が相手なりのタイプでもあり、まったくヒケは取らない印象。持久力を生かす競馬で台頭があります。

単穴が④番エイシンクリック

こちらもサンシロウと同じく、母父キャロルハウスというステイヤーズS向きの渋血統。そして・・・

ノーザンテーストの4×3(奇跡の血量)を持っているんですよねぇ。ダビスタなら爆発しちゃうやつですよこれはw

この馬も格上挑戦となりますが、とにかくスタミナ豊富なタイプ。時計の掛かる中山コースもいかにもフィーリングが合う印象があります。

まとめると・・・

◎⑥番メイショウテンゲン
○③番サンシロウ
▲④番エイシンクリック
△⑪番アルバート
△⑩番リッジマン
△⑫番モンドインテロ
△②番ヴァントシルム

こんな感じですね。③-④-⑥番のサンシロウ馬券は押さえましょうw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
シンザン記念穴馬を好調指数で読む!
去年10人気マイネルフラップを指数4位に推奨→結果2着好走!
・━・━・━・━・━・━・━・━

去年の証拠画像がコチラ↑小さいかな~(笑)
去年の重賞シーズンも中位人気を指数上位に推奨!これがよく入線してきてます!
・━・━・━・━・━・━・━・━
阪神JF マルターズディオサ
6人気→指数4位推奨
チャレンジC トリオンフ
8人気→指数5位推奨
マイルCS ペルシアンナイト
6人気→指数3位推奨
天皇賞秋 アエロリット
6人気→指数3位推奨
府中牝馬S フロンテアクイーン
9人気→指数4位推奨
・━・━・━・━・━・━・━・━
今年はコルテジア、カバジェーロ、ゼンノジャスタあたりが指数上位にきてたら熱いかもです。 16年キョウヘイ8人気1着など例年3着内に1頭熱い中位人気が食い込んできてます。 指数の見解を見てからでもいいはずです。
シンザン記念2020無料公開
↑から無料メール登録し、当日お昼ログイン内北条のブログにて全指数確認できます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク