【ハイセイコー記念2019予想】2歳重賞といえばパイロなんです

おはようございます。とこ穴です。

今日は大井で2歳重賞「ハイセイコー記念」が行われます。

過去の勝ち馬を見てみると、ソルテ・ストゥディウム・トロヴァオ・ミサイルマン・ハセノパイロと錚々たる顔ぶれ。来春のクラシック候補はもちろん、その後の活躍馬を探す一戦でもあると言えますね。素質重視。

馬場傾向が今ひとつピンと来ないですが、全体的に内枠勢の活躍が目立ちましたかね。最後の直線はインも伸びますが、真ん中が伸びてくる印象も受けました。そのあたりも踏まえつつ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイセイコー記念2019予想

⦿①番ゴールドビルダー
○⑪番ファンシーアップ
▲⑯番モンゲートラオ
△⑥番ブリッグオアドーン
△③番ピアノマン
△⑫番ストーミーデイ

過去10年で船橋勢は21頭が出走して、4勝7連対③着2回と好成績。基本的に船橋は馬質がいいですからね。今年も船橋勢を狙います。

本命は①番ゴールドビルダー

名門・佐藤賢厩舎所属のパイロ産駒と言えば、17年の勝ち馬ハセノパイロと同じ。そしてパイロ産駒は仕上がりの早さに定評がありますから、2歳戦では抜群の強さを見せてくれます。

この馬も例に漏れず、いかにも2歳戦向き。しっかりと折り合い、ひとまくりで決めた前走は完成度の高さを示すものでした。あの競馬ができれば、内1600mも問題なし。ニュースター誕生とみます。

馬券は単勝と馬連で流すのが無難かなと思いますが、①-⑯番はワイドも押さえておきたいですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする