【サルビアカップ2019予想】経験が生きる⑦番グレースレジーナ

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

昨日は競馬場まで足を運ぶ予定でしたが、PCの不具合もあり仕事が終わらず断念していました、実は。まぁ鎌倉記念の◎は見せ場らしい見せ場もなかったですから、寒空で凍えるだけだったかもしれませんが・・・。

さて今日のメインは、3歳牝馬による一戦「サルビアカップ」。ロジータ記念の前哨戦。2歳女王アークヴィグラスの復帰戦ということもあり、目が離せない一戦となりそうです。

馬券もアークヴィグラスの取捨次第。芝や枠、距離など敗因を探せばいくらでも出てくるとはいえ、現実問題3歳になってから一度も勝っておらず、父がサウスヴィグラスで距離2000mもどうなの?と。軸向きとは言えないかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サルビアカップ予想

◎⑦番グレースレジーナ
○⑨番リトミックグルーヴ
▲③番ベニノマーメイド
△⑤番キタサンベッキー
△⑧アークヴィグラス
△⑬番シャイニングアカリ

本命は⑦番グレースレジーナ

この馬の強みは何といっても「経験」。3走前に園田へ遠征して②着。その後大井を一戦を挟んで、前走は水沢・ビューチフルドリーマーカップ④着。その前走はマイナス15キロでの好走と、経験を重ねつつ力をつけてきた印象で、このあたりは父スマートファルコン譲りなのかもしれませんね。追ってしぶといタイプですから、2000mも好材料です。

対抗が⑨番リトミッググルーヴ

東京プリンセス賞③着。現実問題、グレースレジーナ(④着)には先着したわけですからこちらが◎でもいいんですが、今回は久々。外厩でしっかり造ってきたとはいえ、やはり走ったぶんだけ強くなる時期ですから、今回はひとつ評価を下げた形になります。母系エアグルーヴですから怖さは秘めていますが。

単穴が③番ベニノマーメイド

2連勝中と勢いに乗るバトルプラン産駒。そうです、バトルプランと言えば以前に書いた記事が役に立ちます。(記事はこちら)ここに推奨理由は書いてあります。

⑧番アークヴィグラスは、はっきりと力上位。でもやっぱり2000mにピンと来ないわけで、人気するようなら蹴りごろなんではないかと。来たら来たで諦めがつきますしね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする