【第22回 エーデルワイス賞2019予想】今年もサウスヴィグラス様です

お疲れさまです。とこ穴です。

10月10日(木)門別競馬場で行われる交流重賞「エーデルワイス賞」の予想ブログ記事になります。このレースはとにかく特徴だらけですから、その特徴をピースに見立てて、パズルのようにはめていくだけで的中しちゃうんですよね。たぶん。

では早速いきましょう。今日もたくさんやることあるのでw

まず特徴その①。

『サウスヴィグラスに逆らっちゃダメ!』

これは昨年にブログでも書きましたが、エーデルワイス賞と言えばサウスヴィグラスなんですよね。18年①着アークヴィグラス、17年①着ストロングハート、15年①着タイニーダンサー、12年①着ハニーパイがすべてサウスヴィグラス産駒ですし、モダンウーマン、アップトゥユー、グラヴィオーラなど②~③着馬にもズラリ。出てたら買えよ!レベルなわけです。

そして特徴その②。

『とにかく地元馬を狙え!』

交流重賞と言えば中央勢に馬場を貸すみたいなイメージかと思いますが、このエーデルワイス賞は違います。過去5年を見ても門別勢が3勝で中央勢が2勝。10年まで手を広げてみても、門別5勝で中央勢が5勝・・・ん?(やばい、同じやんけ・・・)。

とまぁ、地方勢が強いということですね。うんうん。強い強い。強いよ。うんうん。

中央勢は1戦1勝とかでも、その看板と鞍上だけで人気しがちですが、16年①着リエノテソーロ、18年②着デンバーテソーロなど「テソーロ」がつかないと来ないですから、今年は該当馬なし。中央馬は一枚割引という強引な手法と獲りたいと思います。

ということは、地元所属のサウスヴィグラス産駒を狙えばいいじゃないか!となりますよね。そうなんです。それでいいんです。昨年はアークヴィグラスではなく、スティールティアラを指名して失敗しましたが、今年は大丈夫です。だって1頭しか出ていないですからね。

本命は②番スマイルエルフ

3戦目にアタックを勝ち上がると、4戦目には1700m、そして5戦目には1600mへ出走。⑥⑩着と大敗でしたが、これははっきりと距離が敗因としていいでしょう。

デビューから1200mを使って一戦ごとに持ち時計も短縮していましたし、今回は内枠ですから行かざるを得ない枠。鞍上の岩橋騎手も強気に動く(たまに動きすぎる)タイプですから、この馬には合うような気がします。

前走後もしっかりと乗り込まれているようですし、惨敗の影響もないでしょう。適距離に戻るここは大駆けがありそうな気配。

もう1頭のサウスヴィグラス産駒が⑫番キラットダイヤ。こちらは中央所属ですが、傾向にドンピシャではないですが、やはり無視はできません。前走未勝利勝ちとはいえ、キャリアを積んでのものだけに内容も十分です。

馬券はオッズ次第ですが、それほど人気にもならないと思いますから、②⑫番の単複でもいいような気がします。

相手を選ぶならやっぱり⑧番アザワクでしょう。前走は致命傷ともいえる出遅れで最後方からの競馬。それでも大外をぐるっと追い上げて、4角~直線にかけては瞬間移動のような速さ。最後はキッチリと差し切りました。

今回もどんな形になるかわかりませんが、不安材料があるとすれば『前走は走りすぎた』可能性があるってことですね。最後までビッシリ追われましたから、反動が出てもという気もします。でもまぁ強いかw

あと門別6Rは⑤番トチノキングで大丈夫。たぶん。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
府中牝馬三連単的中! 指数上位4頭決着!!
しかも三連単はなんと・・・77,860円!

1着スカーレットカラー 4人気指数2位
2着フロンテアクイーン 9人気指数4位推奨!!
3着ラッキーライラック 2人気指数3位


こういう9人気から急上昇馬は要チェックですよね?!
この勢いのまま4日開催15日も午前中から飛ばしてきてくれるはず。
→15日前半指数で実力チェック(無料)
→同時に菊花賞+天皇賞の指数も見る(レース当日無料)

無料メルマガ登録で15日前半指数も無料公開!
同時に菊花賞、天皇賞まで全指数公開予定!当日お昼は要チェックです。
もちろん無料なのでお早目にエントリーしておき過去実績もチェックしてみてください。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク