【九州ジュニアチャンピオン2019予想】ミスカゴシマから人気薄へ…

とこ穴です。

超絶眠たいわけですが、まだ中央の予想もあるし、まぶたにタイガーバームで頑張るしかありません。という理由をつけて、手短にまとめたいと思います。九州ジュニアチャンピオン。

昨年から従来の1750mから1400mへ。1750m時代の勝ち馬を見てみると、10年がウルトラカイザー。そして16年がスーパーマックス。錚々たる顔ぶれで、どちらかと言えば堅め決着と言った感じでしたが、1400mに短縮された昨年は6→2→9番人気決着。3連単は40万超えの高配当でした。3着賞金(30万円)よりも多いですね。

昨年が穴決着だったから今年も!といきたいのは山々なんですが、ここは圧倒的なお馬さんがいます。

それが⑥番ミスカゴシマ

この馬に驚かされた一戦といえば、やはり2走前。JRA・フェニックス賞⑥着でしょう。正直、佐賀の2歳が通用するイメージなんてこれっぽちもなかったですから、0秒9差に踏みとどまる姿には感動すら覚えましたね。

陣営のコメントが「スムーズなら力通りに」みたいな、さも人気上位馬のような感じだったんですが、この結果を見ればなるほど。手応えがあったということで。

そして遠征帰りの前走がまたもや圧巻の競馬。②着エムティリンドとのマッチレースになったんですが、時計は1分27秒8。この日に行われた1400mでは断トツの記録(3歳、古馬も1分30秒台)で、②着馬は次走1秒2もの大差をつけて完勝していました。

当然今回も頭不動。アクシデントでもない限り、いなくなるパターンはないでしょう。ここは相手を絞ります。ぎゅぎゅぎゅっと。

まずミスカゴシマを潰そうとする馬はいないはずですから、流れはスロー~平均。とすれば、ミスカゴシマよりも前で競馬をしていそうな馬が狙い目となります。

⑤番カミノメグミ。前走は思いほか失速が早かったですが、2走前のJRA・ひまわり賞でもハナを切れたほどのスピード馬。前で運んで後ろがかわいがってくれる展開なら、残り目があってもいいでしょう。

もう1頭が②番ボディハッカー。前走はミスカゴシマに大きく離されての④着ですが、この馬も29秒台に突入しました。安定した差し脚で、少し前が流れた時にはこの馬に出番が回ってくるでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
府中牝馬三連単的中! 指数上位4頭決着!!
しかも三連単はなんと・・・77,860円!

1着スカーレットカラー 4人気指数2位
2着フロンテアクイーン 9人気指数4位推奨!!
3着ラッキーライラック 2人気指数3位


こういう9人気から急上昇馬は要チェックですよね?!
この勢いのまま4日開催15日も午前中から飛ばしてきてくれるはず。
→15日前半指数で実力チェック(無料)
→同時に菊花賞+天皇賞の指数も見る(レース当日無料)

無料メルマガ登録で15日前半指数も無料公開!
同時に菊花賞、天皇賞まで全指数公開予定!当日お昼は要チェックです。
もちろん無料なのでお早目にエントリーしておき過去実績もチェックしてみてください。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク