【東京盃2019予想】コパノキッキングを負かせるとすれば・・・

とこ穴です。

今日は大井競馬場で東京盃が行われます。注目は何といってもコパノキッキング=藤田菜七子騎手ですよね。待望の重賞制覇を成し遂げ、歴史の新たな1ページとなるのでしょうか。前日単勝オッズは1.5倍。期待の高さがモロに数字として出ていますね。

競馬記者としては、そんな歴史的シーンを見たいと思いますし、それに見合うだけの力もつけてきたと思います。今年30勝ですもんね。

しかしここは穴を狙いたい人が集う場所。さすがに1.5倍を推奨するわけにはいきません。ほじくり返してほじくり返して、穴をこじ開けて行こうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京盃2019予想

◎①番ニホンピロタイド
○②番コパノキッキング
▲⑨番ヒザクリゲ
△⑦番キャンドルグラス

本命は①番ニホンピロタイド

初重賞、初ナイター、初コース。何から何まで初めてで死角満載なわけですが、それでもそれを補って余りある可能性を感じます。

3走前はクラスターC②着ヒロシゲゴールドと差のない競馬。持ち時計1分10秒7なら、ここに入ってもまったくヒケは取りませんし、ダート1200mは②①着。高い適性を示してます。

そして血統面にも注目。

兄弟馬に目立つ活躍馬はいませんが、従兄弟がジャパンカップダートの勝ち馬で、12年のJRA最優秀ダートホースに選出されたニホンピロアワーズがいる良血。成長力とダート適性。

今開催の大井はとにかくインが有利。隣のコパノキッキングが発馬後手や控える形を取れば、すんなりとこの馬が好位置を取れる計算です。

対抗は②番コパノキッキング。前走は出して行く形となりましたが、今の馬場を思えばその経験が生きてくるような気もします。

単穴が⑨番ヒザクリゲ。前走サマーチャンピオンは距離を克服しての②着。今、メキメキと力をつけている段階。距離短縮は好材料ですし、佐賀よりも大井の方が合う印象も。鞍上も怖いですからね。

△は南関東勢⑦番キャンドルグラス。前走はキタサンミカヅキと秒差なしの②着。久々だったことを踏まえれば文句なしの競馬。叔父テレグノシス。着実に力をつけてきたあたりが血統の成せる業でしょう。この相手でも!?の期待感はあります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

京ー過去3年相性OK
都ー3重賞1位馬好走
記ー先週きさらぎ賞
念ー3連単5万↑獲得!
━━━━━━━━━━
ちゃーんと調べた中、京都記念はここです。
指数との相性が週末3重賞とバッチシ
19年京都記念  指数5→1→2位 3連単17,060円
18年京都記念  指数7→2→1位 3連単16,450円
17年京都記念  指数3→4→1位 3連単16,070円
他重賞との相性も指数1位2位バッチシ!
こんな感じで日曜お昼に赤枠内に順位と数値が入ります。

━━━━━━━━━
19年クイーンC 指数2→1→8位
19年共同通信杯 指数4→1→2位
指数1位2位は確定ライン!!
20年きさらぎ賞 指数5→3→1位 3連単53,680円
━━━━━━━━━
→京都記念・共同通信杯・クイーン指数1位馬をチェック
◎3重賞の指数1位馬 ◎京都記念全指数 ◎週末36鞍→全て無料
無料メール登録で見れるのでガチ今週おすすめ!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする